ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冬でも潤いある“もっちり美肌”を作るケア

DATE:
  • ガジェット通信を≫


気温が低く、乾燥する冬。お肌にとっては一年で最も過酷な季節です。肌はくすみがちだし、乾燥のせいで顔や体までカサカサカサカサ…。肌にとっては全くいいことなしのこの時季ですが、冬の肌はどんな状態になりやすいの?多くの女性誌や美容雑誌で活躍している美容家の深澤亜希さんにお聞きしました!

【もっと大きな画像や図表を見る】

「冬の肌にとって一番の大敵は、やはり乾燥。肌トラブルの多くは乾燥から始まるといっても過言ではないので、保湿ケアを徹底しなければ、冬はより肌不調を招きやすい状態になります。具体的なトラブルは、乾燥による肌のバリア機能の低下、カサつきや粉ふき、小ジワ、肌が硬くゴワつくなどなど。また、冬は寒さから血行不良にもなりやすい季節。血行が悪くなるとターンオーバーが乱れ、顔がくすむ、シミがなかなか消えない、といったことも起きやすくなります」

肌トラブルを招かないためには、まずは保湿成分がしっかり配合された美容液と、保湿効果の高いクリームでケアすることがマストなんだって。顔のスキンケアをもっと詳しく聞きたいところですが、ここはセキララ★ゼクシィ!男性が思わず触りたくなるような、潤いたっぷりの“もっちり美肌”を作るケアも教えてください。

「もっちり美肌を作るボディケアでおすすめなのが、ボディクリームとボディオイルを2:1くらいの割合でブレンドして塗ること!どちらか一つのアイテムだけでは得られない潤い感と、触れたとたんツルッと滑ってしまいそうな、滑らかさと艶が出ます。また、保湿効果を高めるためには、スクラブなどで角質ケアをするのもオススメ。不要な角質がオフされることでさらにツルツルになり、その後のボディケアの浸透もグッと高まるので、よりもっちりとした潤いのある魅惑のボディに。デートのときは男性をより魅了する肌に仕上げるために、香りの良いボディクリームで保湿していくのもおすすめです!」

深澤さんいわく、「乾燥しがちな手と脚は、クリームを塗るのも良いですが、ワンランク上の美しい手と脚を目指すなら、保湿美容液を塗ると潤い効果抜群です。『毎回美容液を使うのは難しい…』という場合は、たまに使用するのでもOKです。潤い力はグッとアップし、滑らかさが増しますよ。美容液やクリームをつけるときは、潤いが巡るように軽くマッサージしながら塗布するのもポイントです。また、脚はクリームの前にオイルを塗るのもオススメです。先にオイルをなじませることで、肌が柔らかくなり、次に重ねるクリームの効果もグンとアップします!」とのこと。

“もっちり美肌”を作るには、アイテムを工夫して使ったり、塗布するときにひと手間かけることがポイントみたいね。思わず男性が触りたくなるような“もっちり美肌”になるために、ぜひ試してみて♪

【取材協力】
深澤 亜希さん
一般社団法人日本コスメティック協会認定コスメマイスター、スキンケアマイスター。書籍の執筆、女性誌やテレビ番組など各メディアへの出演、広告への出演・監修、化粧品会社・美容施設のコンサルティング、商品開発、イベント出演など幅広く活躍。著書には、『白ツヤたまご肌のつくりかた シミのできない魔法の美白ルール40』(三空出版)、『7日間で恋もキレイも手に入る! 魔法の美人プログラム』(大和書房)などがある。

記事提供/『セキララ★ゼクシィ』
(R25編集部)

冬でも潤いある“もっちり美肌”を作るケアはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

「一夜限りの恋」を望む女性は2%
動物にも床暖房!動物園の寒さ対策
愛犬・愛猫の風邪を予防するには?
女性が父親似の男性に惹かれる理由
独身男6割 理想は「かかあ天下」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP