ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

打者としても期待される楽天・安楽智大 二刀流の可能性語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 球春間近。今季の新人の最大の注目は、楽天の安楽智大だ。弱冠18歳のスーパールーキーがプロ1年目の始動に際して決意を語った。安楽の目はすでにプロに向いている。対戦したいのは西武の森友哉だという。
 
「高校代表(2013年の18U野球W杯)ではバッテリーを組みましたが、試合で対戦したことはないんです。高校時代からいいバッターだと思っていたし、昨季は高卒ルーキーで46年ぶりとなる3試合連続本塁打を放った。今年は開幕から活躍されると思うので、一日も早く森さんと対戦することを目標に頑張りたい」
 
 そういう安楽自身、強豪・済美高校(愛媛)で4番を務めただけに打者としても成功するといわれる。パ・リーグでは二刀流を実現している大谷翔平がいるが──。
 
「大谷さんは成功されていますが、プロの世界はそんなに甘くない。ボクは二刀流をするほどバッティングがいいわけじゃないし、ピッチャーでもどうなるか分からない。いつかは大谷さんと投げ合ってみたいと思っています」
 
 大人びた18歳右腕の、球界ナンバー1投手を目指す第一歩がいよいよ踏み出される。

※週刊ポスト2015年1月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
スコアラー「二刀流の大谷翔平は打者だと恐い」と口を揃える
大谷翔平 「本気でメジャー目指すなら打者は諦めるべき」の声
巨人の新人・菅野 寮から自転車で移動する姿に沿道から声援

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。