ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

魚を焼くだけじゃない! グリル付キッチンの意外な活用術

DATE:
  • ガジェット通信を≫


キッチンのコンロに付いている「魚焼きグリル」。魚を焼くとき以外、スルーしがちなこのアイテムだが、工夫次第では魚以外の調理にも活躍してくれるのだ。
魚焼きグリルで、なんと「焼きりんご」が作れてしまう!

そこで今回は、魚焼きグリルを使って「焼きりんご」作りに挑戦してみたいと思う。魚焼きグリルで作る焼きりんご

【材料】

・りんご…1個
・バター…10グラム
・グラニュー糖…おおさじ1
・アルミホイル

【作り方】

1. アルミホイルの四方を折って立ち上げ、箱型にする。グリルの付属網の幅に合うように、サイズを調整しよう。

2. りんごは4等分して芯を取り、さらに4等分する。これをホイルに並べ、バターとグラニュー糖をまんべんなく乗せる。

3.そのままグリルに入れ、弱火~中火で15分ほど焼く。焦げやすいので、途中で様子を確認しながら、焼き時間や火力を調整しよう。(※グリルの下の受け皿には、必ず水を張ること)

4. りんごの皮に軽く焼き色がついたら、できあがり! 汁がこぼれやすいので、取り出す際はフライ返しなどでそっと持ち上げ、皿に移そう。シナモンパウダーやアイスを添えると◎。

ほかにも本格的なグリルチキンから手軽なおつまみ系など、さまざまな料理を魚焼きグリルで作ることができる。キッチンで眠っている魚焼きグリル、ぜひ有効活用してみてはいかがだろうか。

(波多野友子+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP