ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BS無料広告テレビ局で初めて!見逃した番組をスマホから楽しめるアプリ「Dlife」を使ってみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

全国無料のBSテレビ局『Dlife』から、テレビ番組を無料でキャッチアップできる、BS無料広告放送局で初の公式アプリが出たのをご存知だろうか?さっそく、使ってみた。

 

 

 

まずは、App StoreでDlifeアプリを無料ダウンロード。(DlifeアプリはGoogle Playからもダウンロード可能)

ダウンロードが終わると、すぐにトップページに行き着く。

『見逃し配信』のコーナには、過去の放送後1週間分のコンテンツがリストアップされている。放送開始後1週間以内であれば、無料でコンテンツを観られるのがこのアプリの特徴だ。

HuluやU-NEXTのモバイルアプリ版と同じ要領だが、認証に際して一切の登録が不要で、無料でキャッチアップできるのは嬉しい。

Dlifeはもともと、ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社の100%子会社から、30代~40代の大人の女性とその家族をターゲットにBS放送事業に参入したチャンネル。ディズニーチャンネルでおなじみのミッキーマウス クラブハウスや、ディズニー傘下のアメリカのテレビ局、ABCの最新ドラマを中心とした魅力的なコンテンツが人気のテレビ局だ。

試しに30分番組をダウンロードしてみた。

ものの数秒でコンテンツの再生が始まる。少し画質が荒いものの、YouTubeよりも早いダウンロード速度には驚きだ。ストレスなく、スマホから見逃した番組がすぐに観られる。

ただ、すでに他の有料チャンネルやビデオ・オンデマンドを使っている人には、ドラマやドキュメンタリーを視聴するのに、吹き替え版しか選択肢がないのは困りもの。字幕、吹き替えは海外コンテンツを見る際に大きく好みが分かれる点なので、このチャンネル自体の視聴率に跳ね返ってくる大きな問題だ。

マルチデバイスでBS番組が無料で観れるこのDlifeアプリの配信は、2015年1月14日から始まったばかり。アプリ上での1話先行配信や一挙配信も予定しているそうなので、これからの展開が楽しみだ。

Dlifeアプリ App Store 
Dlifeアプリ Google Play

 (Writer: Saera Jin)

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP