ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おでんのお多幸本店 大正時代の濃い目の味を今も守り続ける

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 寒くなると恋しくなる「おでん」。全国で独自の進化を遂げたバラエティ豊かな日本の味として知られるが、ここで紹介する名店は、お多幸本店(東京)だ。

 全国各地の食材や料理が集まる東京。おでんも様々な種類が揃うが、日本橋の『お多幸』では大正12年創業以来の濃い目の味を提供し続ける。

 鰹節と昆布の出汁に淡口醤油と砂糖が加えられたつゆに煮込まれて飴色に染まった大根、ちくわぶ、魚すじなど、おでんダネは23種類。ついつい酒も進んでしまう旨さだ。

◆お多幸本店
【住所】東京都中央区日本橋2-2-3【営業時間】平日:11時半~13時半(L.O.)、17時~22時15分(L.O.)/土祝:16時~21時45分(L.O.)【定休日】日

撮影■河野公俊

※週刊ポスト2015年1月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「明太肉まん」「スギッチまん」ほか、変わり種ご当地中華まん
ご当地おでん定番 沖縄は豚足種、香川はうどんと共に食べる
武者小路実篤も愛した老舗の桜鍋 部位はヒレやバラ等5種類

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP