ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

天狗バンド“ディスビズ”メジャー社長からお叱り&目標は「世界に出て行きたい。外人ウケいいかなと思ってます」紅白出演や横浜アリーナも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本クラウンより3月11日 新アルバム『THIS IS NOT A BUSINESS』でメジャーデビューを果たす覆面天狗バンド this is not a business(通称ディスビズ)。1月19日 横浜アリーナ前にて調印式を行った。

<契約書にひとりひとり天狗の鼻で捺印 所属事務所WACKの社長も>

 目標の地である横浜アリーナ前、ロングサイズリムジンで乗り付けた5人の天狗たちは、レッドカーペットの上を練り歩きながら契約調印式に登壇。契約書にひとりひとり天狗の鼻で鼻印を押し、所属事務所WACKの社長 渡辺淳之介も鼻で捺印し、契約を完了した。また、日本クラウンの社長 北島一伸からは、「君たちはリムジンで乗り付けて、レッドカーペットを歩いてきた。とんでもない。天狗になってるんじゃないか? 君たちにはミッションを与えます。ミッションについてはまた報告します。よろしく。頑張れよ!」と叱咤激励された。

<野望について言及“海外進出”“紅白出演”“横浜アリーナ”>

 調印式後の記者会見では、メンバーそれぞれ天狗のお面を被っていないときは別の仕事をしていると明らかにし、加藤小判(vo)は「出版系の仕事をしてまして、今、打ち合わせという体(てい)でここに来てます」と暴露。また、次々と野望についても言及し、「せっかく天狗を被ってますんで、ゆくゆくは世界に出て行きたいなと思っています。外人ウケいいかなと思ってます」「ミュージックステーションに出たいですね。紅白に出れるんなら、赤組で出る為に女性ボーカル入れます」「横浜アリーナは2年ぐらいで立ちたいですね。メジャーって2年ぐらいでしょ、契約」と掲げている。

<メジャーデビューアルバムの1曲目「天体観測(bonus track)」>

 最後は再びリムジンに乗って横浜の街へ消えていったディスビズ。3月11日リリースのメジャーデビューアルバム『THIS IS NOT A BUSINESS』は、1曲目に「天体観測(bonus track)」とこれまた大きな話題になりそうな作品となっており、メジャーに行っても彼らのスタンスは変わることがなさそうだ。大いに暴れてほしい。

取材&テキスト&撮影:平賀哲雄

◎アルバム『THIS IS NOT A BUSINESS』
2015/03/11 RELEASE
収録曲:
01.天体観測(bonus track)
02.SWEET CANDY
03.AKANE-CHAN
04.FiVE PEOPLE SURRENDERS
05.PUNPEE
06.WiNK
07.OK GO!!!!(drums in)

関連記事リンク(外部サイト)

天狗バンド“ディスビズ”メジャーへ 脱退者「俺の屍を超えていく?」
覆面天狗バンド“ディスビズ”「どうしても会って伝えたい」東名阪ツアー開催
覆面天狗バンド“ディスビズ”RIJFで大金星「来年はレイクステージ」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP