ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オリジナルLINEスタンプ作りを目指すもキャラクター作りに悩む

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「そろそろキャラ作りに着手しないとやばくない?」

 年明け早々、怒られる夢を見た編集担当「セブ姉」が召集をかけ、女性セブンスタンプ班(JSSH)の緊急会議が開かれた。

 クリエイターズスタンプでウケているものには、なんといっても丸みのあるキャラクターデザインが多い。

 LINEオリジナルキャラクターのムーン、コニー、ブラウンは、あの丸っこいフォルムがたまらない魅力だ。

「私たちのスタンプを使っていただきたい対象者を、女性セブンの読者中心層である40代以上の主婦層とした場合、あまりかわいすぎるのも、敬遠されるのでは?」

 そんな、アラフォーの本誌記者Kの心配をセブ姉は一喝。

「そうね、でも、女性はいつまでたっても乙女心を持っているもの。かわいいものは、いくつになってもウケると思うの」

 確かに。50~60代でもキティちゃん好きは多い。かわいいキャラクターは和むし、送られてきても癒されるはず。さっそくJSSHのメンバーでかわいい動物の写真集や人気のキャラクターの人形などを持ち寄って、研究を開始。

「東京スカイツリーのキャラクター・ソラカラちゃんは、目が大きくて顔も丸いよね。こういうキャラクターは、老若男女に支持されるのでは? やっぱり人間の女の子にする?」

 そんな移り気なセブ姉に対し、記者Kは首を振る。

「いいえ!! これまでのリサーチだと、動物人気が根強かったじゃないですか! かわいい動物キャラにすれば、絶対に売れますってば!!」

 そう言い放つと、落書きを始める記者K。幼稚園児の落書きレベルだが、とにかく何か描けばアイディアがわいてくるかもしれない。猫や犬、鳥、うさぎ…。人気の動物を描いてみるものの、なぜだかピンとくるものがない。

「うさぎや犬、猫は、すでに人気のあるスタンプがたくさんあるからねえ~。犬は、田辺画伯の“かっこいい犬。”という強敵が出現しているし。それら人気スタンプを超えるのは、なんとも至難の業かもね…」

 セブ姉のそんな現実的なひと言に、肩を落とす記者K。

「マイナーな動物のほうがいいんでしょうか? 例えばヤンバルクイナとかヤモリとか」 記者Kの迷走に、再びセブ姉が一喝。

「ヤモリは丸くないし、ヤンバルクイナが描けるほど、私たちに画力があるとは思えぬが」

 ぎくっ。確かにヤンバルクイナを記者Kが描いたら、ただのカラスだし…。

「ふなっしーぐらいのインパクトのあるキャラがいいよね」

 自ら購入したふなっしースタンプを眺めるセブ姉。

「うーん、何がいいのか、さっぱりわからない!」

 頭をかきむしる記者Kに対して、セブ姉がひと言。

「キャラクターもさぁ、われわれが作るスタンプのコンセプトに合わないとダメじゃない? 用途に合ったキャラにしないと使いづらいというか、インパクトに欠けるというか…」

 確かにこれまで取材したクリエイターたちは、用途とキャラクターが、バッチリ合っていたっけ。そうだ! 弊誌そもそもの雑誌カラーを考えて…。

※女性セブン2015年1月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
LINE公式グッズショップに潜入 スワロフスキーとコラボも
LINE最新事情 スタンプにベルばら登場、キャラグッズも続々
LINE 人気理由は「スタンプ可愛いからでしょ」と運営社社員

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP