ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

昭和54年開業 スーパーの食材で作る深夜食堂の甘うまナポリタン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 PIZZAとサイケ調文字で大書きされた店は、中に入ると1970年代の小さなスナック風。「開業は昭和54年。変人奇人と評判の石川哲雄(66才)がやってる」とご本人。
 
 彼の作るナポリタンは、食事にも飲んだ後のしめにも最高と評判だ。

「材料はスーパーで売っているものだし、秘伝もコツもないよ」と言いながら、市販の7分ゆでスパゲティは、「湯の対流がいい」と、ボウルでゆでる。

「6分たった頃、隣のガス台でバターをのせたフライパンを温めて、玉ねぎとピーマンを少し炒めるんだ。俺は焦げたベーコンが好きじゃないんで、ちょっと遅れて炒めてる。コーンとマッシュルームも遅くていい」(石川さん)

 一般的にはオリーブオイルで炒めるが、「俺、嫌いなんだ」。このあたりが、おいしさのコツなのかも。

 7分ゆでたスパゲティを直接そのフライパンに取り、具と混ぜ合わせる。

「湯切りはしないよ。ゆで湯が適度に入って、味がよくなるんだ」(石川さん)

 すぐに粗びきこしょうとケチャップを絡ませて上がり。

「かき混ぜる前に火は消してるよ。火を通し過ぎると、歯ごたえが悪くなるんだ。このコーンの黄色。色目がいいだろ。そう、料理って色使いも大事なんだよな。赤、黄、緑、いいナポリタンだろ」(石川さん)

【DATA】

『アッシャゴ』

住所:東京都豊島区西巣鴨3-18-4 営業時間:18:00~26:00 定休日:月曜 ナポリタンは600円

※女性セブン2015年1 月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ナポリタン 一時は存在危うくなるもイベント開催などで人気
キムチ、ナポリタン、ツナコーン…でアイディアお好み焼き
自家製めんつゆとトマトソースで作るナポリタン風焼きそば

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP