ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国ケーブルTVNo.1ドラマ『応答せよ1994』のハマりポイント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 韓国ケーブルテレビドラマ史上No.1の視聴率を記録し、社会現象にもなった『応答せよ1994』。“ヒロイン・ナジョンは誰と結婚したのか?”という謎解きを、最初から最後まで楽しませてくれる。そして1994年当時の韓国情勢や文化などが、遊び心とノスタルジックな雰囲気たっぷりに描かれる。見終わった後の爽快感と“94ロス感”で、しばらく社会復帰できなくなるかもしれません。

「好きな人が心を痛めているときに自分の心も痛むなら、その人のことが好きってことじゃないのか」

 そんな台詞が印象的なスレギ(チョンウ、34才)。成績は常にトップの医学生だが、勉強以外のことは誰もがあきれるほどだらしなく、「スレギ(=ゴミ)」と呼ばれている。

「もしも…いつかわからないけど、数年後におれたちが再会したら、その時にきみの隣に誰もいなかったら、その時は…つきあってくれ」。そんな台詞が印象的なチルボン(ユ・ヨンソク、30才)は、最高の右腕を持つといわれる大学野球界のエース。顔良し、スタイル良し、ソウル出身、性格はおっとりしていて優しいという奇跡のイケメン。だが、せつない片思い中。

 最後まで楽しいヒロインのダンナ様探し。5人全員が強烈で愛すべき個性とビジュアルの持ち主だ。K-POPアイドルグループB1A4のバロ(22才)が、ステージで見せるオラオラ感を封印、地方出身のオドオドしたかわいい医学生を好演している。

 前作『応答せよ1997』のメンバーが、ただのカメオ出演にとどまらず、見事な演出で今作でもメインキャストに絡んでいるのも見どころ! 前作を知っていれば思わず噴き出すシーンが満載なので、前作とできればセットで見てほしい。

※女性セブン2015年1月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
松方弘樹、夏目雅子…やくざ映画「名シーン&名台詞」5選紹介
錦戸亮と満島ひかり ドラマ打ち上げで「食べさせあいっこ」
医師指摘「医者とヤクザは構造的に似ている説」を紹介した本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。