ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【難読駅名クイズ】「神戸」「東浪見」「大谷向」ほか関東編

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本には1万近くの駅があり、それらの駅名は地域の歴史・地理・文化に根ざしてつけられている。旅行や出張で初めての地を訪れた際、駅名が掲げられた看板を見て「これ、なんて読むんだろう?」と首を傾げた人は少なくないだろう。関東地方からピックアップした難読&珍読駅名の中から、あなたはいくつ読める?

(1)「大谷向」(栃木県日光市)

(2)「神戸」(群馬県みどり市)

(3)「高麗」(埼玉県日高市)

(4)「古里」(東京都奥多摩町)

(5)「東浪見」(千葉県一宮町)

 答えは下に。





(1)「大谷向=だいやむこう」
 今市宿(下野国の宿場町)から見て、鬼怒川支流の大谷川の向こうにあることから。

(2)「神戸=ごうど」
 神土駅として開設された。神社領であったことを示すなど諸説あり。1989年に改名した。

(3)「高麗=こま」
 7~8世紀に高句麗から人が移り住んだことにちなむ。周辺の高麗神社や高麗川も「こま」と読む。

(4)「古里=こり」
「ふるさと」ではない。青梅の御岳山に登る際に滝で身を清めることを指す垢離(こり)に由来。

(5)「東浪見=とらみ」
 近くの軍荼利山(ぐんだりさん)にある天台宗・東浪見寺に由来。「泥海(どろうみ)」が訛ったか。

※週刊ポスト2015年1月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【難読駅名クイズ】「左沢」「艫作」「愛子」北海道・東北編
「神宮」と「大社」の違いは? 神宮は天皇を祀る神社が多い
小森純 最強パワースポットをめぐる1泊2日の日光旅プランを紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP