ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フリートウッド・マック、ドラマーの不調によりコンサートを短く切り上げる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フリートウッド・マックが1月17日のネブラスカ公演を予定より1時間早く切り上げたことが明らかになった。ドラマー、ミック・フリートウッドの具合が悪くなったためだ。

 ボーカルのスティーヴィー・ニックスは、リンカーンのピナクル・バンク・アリーナに集まったおよそ1万4,000人のオーディエンスに対し、90分ステージを終える前にフリートウッドがバックステージで吐いていたことを明かした。

 「オウン・ウエイ(Go Your Own Way)」ではフリートウッドに代わってドラムテクが演奏。その後、クリスティン・マクヴィーがギタリストのリンジー・バッキンガムと共にピアノの弾き語りで「ソングバード」を披露すると、バンドはショーの幕を降ろした。

 なお、フリートウッド・マックが18日にウェブ上で発表したステートメントでは、次回20日のミシガン州グランドラピッズ公演は予定どおり行なうとしている。

関連記事リンク(外部サイト)

ロバート・グラスパーが5月に来日 ビルボードライブおよびTAICOCLUBに出演
海外ドラマ『glee』ファイナル・シーズン、日本最速でデジタル配信決定
ザ・シャーラタンズ 最新作をひっさげた来日公演を開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP