ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『め組の大吾』『昴』の曽田正人氏初のファンタジー作『テンプリズム』デジタル媒体に移籍!第1話から31話までを一挙無料公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マンガ『め組の大吾』『昴』などで知られる曽田正人氏初のファンタジー作品『テンプリズム』が、現在の掲載誌「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)から、電子書籍販売サイト「コミック小学館ブックス」(小学館とエイト・ソーシャルウェアの共同運営)に完全デジタル連載として、移籍することが発表された。

【関連:小学館『月刊IKKI』9月25日で休刊―新雑誌始動で連載作移籍か?】

これを記念し「コミック小学館ブックス」では、1月20日から2月2日まで、本作の第1話から31話までを一挙に無料公開する。
デジタル連載開始日は、1月26日(第32話)。以降、毎週月曜日に最新話が公開される。その他にオリジナル壁紙も随時配布される。

『テンプリズム』(原案:瑞木奏加、著者:曽田正人)は、未知なる技術を手に入れた「骨の国」の侵略を受け滅亡したカラン王国の王子ツナシが主人公。ツナシはその右眼に伝説の秘力を宿すという。王国再興の願いを託された王子は、骨の国の軍勢が迫ったあるとき、親友が自らの生命を賭した策略によって覚醒する――。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP