ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SM-G925シリーズは両サイドにエッジスクリーンを備えた「Galaxy S 6 Edge」になるらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

▲Galaxy Note Edge

Samsung の次期フラッグシップスマートフォン「Galaxy S 6」には型番によって SM-G920 シリーズと SM-G925 シリーズの 2 モデルが存在すると伝えられていますが、そのうち、後者の SM-G925 シリーズは両サイドにエッジスクリーンを備えた「Galaxy S 6 Edge」になると海外の WEB サイト SamMobile が伝えました。同サイトで証拠画像などは公開されていません。Galaxy S 6 では、フレキシブルディスプレイ「YOUM」を用いてカーブディスプレイ、あるいはエッジスクリーンを備えたモデルが用意されていると以前より伝えられていますが、今回の情報から Galaxy Note Edge のようなエッジスクリーンを画面の両端に備えた仕様になることが有力になりました。Galaxy Note Edge のエッジスクリーンは右サイドのみでしたが、Galaxy S 6 では左サイドにも同様に折れ曲がった形状になるので、デザイン的には左右対称のバランスの取れたものになると思います。機能面では、2 つのエッジスクリーンのうち、どちらかをメインに設定することが可能なほか、着信やメールを受信する際に端末を持ち上げるとエッジスクリーンが様々な色で点滅する機能もあるそうです。点滅時の色は連絡先によって変更できるとも言われています。Source : SamMobile


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony、Android版「Socialife」をv4.2にアップデート、「ヘッドライン」のデザインをリニューアル
Nexus 7(2013)Wi-FiモデルにAndroid 5.0.2(LRX22G)アップデートが配信中、OTAファイルのURLも判明
Motorola、音声からの書き起こしにも対応したボイスメールアプリ「Visual Voice Mail」をGoogle Playストアにリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP