ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

B’z 再始動作で金字塔、首位獲得週数“64週”で歴代単独1位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

B’zにとって2年9ヵ月ぶりの再始動作となるシングル「有頂天」(1月14日発売/VERMILLION RECORDS)が発売初週で13.4万枚を売り上げ、1月26日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:1月12日~1月18日)で初登場首位を獲得した。

B’zのシングル首位は、「太陽のKomachi Angel」(1990年6月発売)から47作連続、通算47作目。その47作のシングルで記録した通算の首位獲得週数は64週となり、これまでピンク・レディーが持っていた「アーティスト別シングル首位獲得週数記録」の63週(最新首位日付:1979年1月22日付「カメレオン・アーミー」)を上回り歴代単独1位に。36年ぶりに記録更新を果たした。

また、今作では自身の持つシングル歴代1位記録である「連続首位獲得作品数」(47作連続)、「通算首位獲得作品数」(通算47作)、「総売上枚数」(3557.7万枚)を更新。その他、主要部門ではシングルは「連続首位獲得年数」(20年連続)、「連続ミリオン獲得年数」(7年連続)で、アルバムは「通算首位獲得作品数」(通算26作)、「総売上枚数」(4607.4万枚)、「通算ミリオン獲得作品数」(通算19作)、「初週ミリオン獲得作品数」(通算10作)で歴代単独1位となっており、今回の記録を加え、トータルで単独10冠となった。

本作「有頂天」は「GO FOR IT,BABY -キオクの山脈-」(2012年4月発売)以来となる通算51作目のシングル。日本テレビ系土曜ドラマ「学校のカイダン」主題歌の表題曲と、25周年ツアー「B’z LIVEGYMPleasure 2013 -ENDLESS SUMMER-」で披露されていた楽曲で今回が初CD化となる「EndlessSummer」の2曲を収録している。

歴代シングル首位獲得週数TOP5

順位 首位週数 アーティスト 最新首位作品(達成年) 1 64週 B’z 「有頂天」(2015年) 2 63週 ピンク・レディー 「カメレオン・アーミー」(1979年) 3 51週 浜崎あゆみ 「L(Virgin Road/Sweet Season/Last angel)」(2010年) 4 50週 松田聖子 「あなたに逢いたくて~Missing You~/明日へと駆け出してゆこう」(1996年) 5 45週 Mr.Children 「祈り ~涙の軌道/End of the day/pieces」(2012年) 5 45週 KinKi Kids 「鍵のない箱」(2014年)

関連リンク

B’z オフィシャルサイト:http://bz-vermillion.com/
B’z Official YouTube Channelhttp://www.youtube.com/Bz

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP