ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

阪神大震災から20年、藤本泉『劇場版 神戸在住』を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE 平日(月~木)朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)
のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。1月19日のオンエアでは女優の藤本泉さんがゲストに登場。
主演した映画『劇場版 神戸在住』について話しました。

17日で阪神淡路大震災から20年という時が経過しました。この阪神淡路大震災を題材に制作された映画
『劇場版 神戸在住』が、節目となる17日からヒューマントラストシネマ渋谷で公開されています。
この作品は同名の漫画が原作となっています。原作との違いは現代が舞台になっているところ。
藤本さんが演じるは、神戸在住の19歳の女子大生という設定です。

「私自身、阪神淡路大震災のリアルタイムの記憶はなく、教科書の中の歴史の1コマになっていました。
まさに映画の役どころとリンクしているんですけれども。もう20年経つと、あの震災が記憶にない世代が増えていて、
今、4割あの震災を知らないんですよね。そんな震災を知らない女の子たちが、神戸の街で日常を生きていく中で、
神戸の過去・現在・未来に思いを馳せるというようなストーリーになっています」(藤本さん)

撮影中、神戸に滞在していた藤本さんは、きれいな神戸の街並を満喫した様子。
でも震災時にはビルや高速道路が倒壊したり、大きな火災もあったりしました。
復興までには大きな力が必要だったことでしょう。等身大の現代女性を演じた藤本さんが、
この作品から感じたこと、伝えたいことというのはどんなことなのでしょうか。

「この作品は、神戸の街で今を生きている女の子たちの日常の中で、
過去にこういうことがあって、失われた街があって、今のこのきれいな街があるんだよということ。
この教訓をあとの世代に伝えていくということ。そして明るい未来ですね。
神戸の街で明るい未来を感じるような内容になっているので、
そこを感じていただけたらうれしいですね」(藤本さん)

映画では当時の映像も振り返りながら、今の神戸が映し出されています。
今の神戸からは元気な神戸、美しい神戸を実感できることでしょう。
3月には東日本大震災から4年となります。映画を通して20年前の震災に思いを馳せ、
復興した神戸を体感し、さらには東日本大震災の未来を思い描く機会にしてみては?

「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP