ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安藤優子が昼の番組へ 「今度こそ打倒ミヤネ屋」とフジ幹部

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1月第1週(14年12月29日~15年1月4日)、フジテレビはゴールデンタイム、プライムタイムの週間平均視聴率で、調査開始以来初めてテレビ東京に敗北。新年は「視聴率最下位」のスタートとなった。

 そんなフジが「切り札」として期待するのが、同局の「報道の顔」である安藤優子キャスター(56)の「昼のワイドショー転身」である。15年間メインキャスターを務めた夕方の『スーパーニュース』(月~金・夕方4時50分~)を離れ、4月から午後の2時間番組を担当することになった。

 フジ不振の要因は数あれど、特に問題視されていたのが平日午後の低調だった。

 長らくこの時間帯は、宮根誠司(51)が司会を務める日本テレビ系の『情報ライブ ミヤネ屋』(月~金・昼1時55分~)の一人勝ち状態。フジは元NHKの住吉美紀(41)を擁して『知りたがり!』(2012年4月~2013年3月)元日テレの西尾由佳理(37)の『アゲるテレビ』(2013年4~9月)という2つの新番組で対抗してきたが、全く歯が立たなかった。

 現在はドラマ再放送でしのいでいるが、再放送でも数字が取れるテレ朝の『科捜研の女』や『相棒』といったキラーコンテンツもなく、不振の影響はその後の夕方枠にも波及していた。そこで安藤に白羽の矢が立った。フジ幹部社員の鼻息は荒い。

「安藤さんはウチの報道を長年支えてきた大看板。彼女がワイドショーをやるというのは意外性もあるし、何より局の“本気度”が示せる。今度こそ打倒『ミヤネ屋』だ」

 ベテラン社員を取材すると、異口同音に安藤への期待を口にした。「切り札」というのも大げさではなさそうだ。

※週刊ポスト2015年1月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
安藤優子氏 バイキングが予想以上の不振で「1年延命」か
「真麻に頼ってるようじゃ」とフジ新番組に局内から不安の声
オウム事件 1週間に40~50時間も各局から報道されていた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP