ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014年をブラックイヤーと評されたEXO「2015年は色鮮やかに」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「皆さんはEXOの2014年をブラックイヤーだと思っているでしょう。でも今日から、このMAMA(Mnet Asian Music Awards)の舞台から、この色は新しく定義されます。ぼくは、ぼくらの2015年が色鮮やかになることを信じています!」

 2014年12月、MAMAでアーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞したEXO。“政見放送みたい”といわしめたレイの力強いコメントに、会場はどよめいた。

 同年4月、EXOが2年ぶりのカムバックを果たした翌日、セウォル号の沈没事故が発生。予定していたスケジュールはすべて中止となり、ミニアルバム『Overdose(中毒)』の発売も延期に。その1か月後にはクリスが所属事務所相手に訴訟を起こし、相次いでベクヒョンと少女時代のテヨンとのデート写真がすっぱ抜かれた。10月にはルハンもクリスに続き、離脱。すべてにおいて前代未聞で無敵だったEXOが、「普通の大型アイドル」になってしまったといわれるトラブル続きの一年。

「トラブルのたびにまっ暗な日々を送っていました。でも放っておけない」(49才・主婦) 「スマホを持つと、手が勝手に画像を長押ししてる。保存写真2万枚は、ペン(ファン)の間では普通ですよ(苦笑)」(55才・自営業)

 今年のカムバがどんな結果を収められるか、ペンはかたずをのんで待ち構えている。

※女性セブン2015年1月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
セウォル号沈没事故 韓国音楽市場にもダメージ与えていた
K-POP男性デュオ「10cm」にネット住民大喜びの理由
日テレ復帰の夏目三久アナ 局低姿勢で先輩と接触させないか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP