ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

8倍ズームのコンパクトカメラiZoneはWi-Fi対応、スマホに写真を送れる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンのカメラの性能は近年かなり上がってきているが、ズームなどにはどうしても限界がある。

最近ではスマホに取り付けるレンズも出てきているものの、いちいちレンズを取り付けるのも面倒。そこで、スマホの“エクステ”カメラとして使える、ポラロイド社から今春発売予定の小型カメラ「iZone」を紹介したい。

iZoneはInstgram風のかわいらしい外観で、Wi-FiやNFC(近距離無線通信)に対応する。専用アプリをダウンロードしたスマホ(iOS、Android)と連携させることができ、撮った写真データをスマホにワイヤレスで移して見ることができる。

もちろん、スマホのカメラ機能よりも高性能で、光学8倍ズームに対応し、1800万画素。これならちょっと離れたところも寄ることなく美しいアップ写真が撮れる。

この手のカメラの重要な要素の一つにコンパクトさもあるが、iZoneは約5センチ四方なので、ポケットにしのばせられる大きさ。外出中にiZoneでさっと撮影して、スマホからその場でSNSに投稿という写真ライフを楽しめる。

ちなみに、iZoneには32GBまでデータを保存でき、他のデジカメ同様、USBケーブルでつないでPCやスマートテレビで見ることも可能だ。充電もUSBケーブルでできる。

価格は179.99ドルを予定している。

Polaroid

カテゴリー : デジタル・IT タグ :

Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP