ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『マンガ大賞2015』ノミネート14作品発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

書店員を中心とした各界のマンガ好きが選考員となって選出する『マンガ大賞2015』の一次選考が終了し、ノミネート作品が発表された。

【関連:『マンガ大賞2013』大賞作品は、吉田秋生の『海街diary』】

この賞では、2014年1月1日から12月31日までに単行本が発売された作品のうち、最大巻数が8巻までのマンガ作品を対象に選考員が最大5作品を選び投票でノミネート作が選ばれる。

今回の一次選考においては、92人の選考員が参加し、計234タイトルが挙げられ、その中から14作品に絞られた。

二次選考では、一次選考投票上位10作品(今回は同得票数があるので14作品)をノミネート作品とし、選考員が全ノミネート作品を読んだ上で、1位~3位を選定し、ポイント制で集計。もっともポイントの多かった1作品が『マンガ大賞』に選出される。
なお、『マンガ大賞』の受賞式は、3月下旬を予定。

マンガ大賞2015ノミネート作品

『イノサン』坂本眞一
『王様達のヴァイキング』さだやす/深見真(ストーリー協力)
『かくかくしかじか』東村アキコ
『累』松浦だるま
『月刊少女野崎くん』椿いづみ
『聲の形』大今良時
『子供はわかってあげない』田島列島
『ドミトリーともきんす』高野文子
『BLUE GIANT』石塚真一
『宝石の国』市川春子
『ボールルームへようこそ』竹内友
『僕だけがいない街』三部けい
『僕のヒーローアカデミア』堀越耕平
『魔法使いの嫁』ヤマザキコレ

(作品名あいうえお順・敬称略)

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP