体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LoFtに聞いた! この冬オススメの入浴剤ベスト5

寒さがますます本格的になる今日この頃。温かい湯船に浸かって、心身ともにリラックスしたいものだ。そんなバスタイムを、より豊かにしてくれるアイテムが入浴剤。なかでも、一包型の入浴剤は、プチプライスかつさまざまな種類を楽しめる。そこで、一包型入浴剤の品揃えが豊富なLoFtに、今年の冬オススメの入浴剤を聞いてみた。

寒い冬はゆっくりお風呂でくつろごう!

寒い冬はゆっくりお風呂でくつろごう!クナイプ ミックスバスソルト(1包216円)

img_02

クリスタルのような粒が特長のドイツ発バスソルト「クナイプ」。地下深くに存在する2億5000万年前の古代海水を精製した岩塩と、ハーブから抽出したエッセンシャルオイルで作られている。たっぷり天然のミネラルで肌がしっとりすると人気。2色のバスソルトを混ぜて楽しむのも新しい。

img_03

色が混ざり合う様子がとても美しく、目でも楽しめる(「パッションフラワー&マロウ」を使用)薬湯(一包130円)

img_04

LoFt限定で販売されているオリジナル入浴剤。ローズマリーなどのハーブ系と、レモンなどの柑橘系を組み合わせた幅広く深みのある香りが特長的。肩こりやしっしんなど4種類の効能と香りから選べる。保湿効果が期待できるヨモギ抽出液と、清浄効果の高い酵素を配合している。薬用入浴剤 蔓潤湯(一包324円)

img_05

入浴剤ソムリエのパラダイス山元氏が責任監修をした逸品。伊豆大島で収穫された椿の実をつかった「天然椿オイル」を100%配合し、肌にたっぷり潤いをもたらしてくれる。ほかにも、豆乳・ホホバオイルなど天然成分にこだわっている。合成香料やタール色素などは不使用で、自然な色と香りを楽しむことができる。空想バスルーム(一包162円)

img_06
1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会