ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【難読駅名クイズ】「左沢」「艫作」「愛子」北海道・東北編

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本には1万近くの駅があり、それらの駅名は地域の歴史・地理・文化に根ざしてつけられている。旅行や出張で初めての地を訪れた際、駅名が掲げられた看板を見て「これ、なんて読むんだろう?」と首を傾げた人は少なくないだろう。北海道・東北地方からピックアップした難読&珍読駅名の中から、あなたはいくつ読める?

(1)「大楽毛」(北海道釧路市)

(2)「艫作」(青森県深浦町)

(3)「吉里吉里」(岩手県大槌町)

(4)「愛子」(宮城県仙台市)

(5)「左沢」(山形県大江町)

 答えは下に。





(1)「大楽毛=おたのしけ」
 釧路市街近郊の太平洋に面する駅。オタノシケはアイヌ語で「砂浜の中央」のことを指す。

(2)「艫作=へなし」
 船の舳先(へさき)または艫(とも=船尾)を修理した場所にちなむという説がある。

(3)「吉里吉里=きりきり」
 歩くとキリキリと音が鳴る砂浜が由来。東日本大震災の影響で営業休止中。

(4)「愛子=あやし」
 駅近くの子安地蔵、「子愛(こあやし)観音」が由来とする説が有力。

(5)「左沢=あてらざわ」
 領主が最上川の左岸を「あちらの沢」と呼んだのが由来。かつて「右沢(こちらざわ)」という地名もあった

※週刊ポスト2015年1月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
井上ひさし 原稿遅れ一番困るのは出版社でなく自分と怒った
車メーカー・マツダのアルファベット表記が「MAZDA」の理由
2015年震度5以上の地震警戒エリア 北海道十勝・釧路・根室

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP