ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「冷え」に苦しむ男たちが実践すべき対策

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今や「男の冷え症」は珍しいものではない

「男の冷え性」は一昔前なら珍しがられました。しかし、現在、「手先、足先が冷える」「お腹が冷たい」「しもやけができる」といった症状を訴える男性は少なくありません。

「冷え性=女性」というイメージが強いと思います。女性に冷え性が多いといわれる原因は以下の通りです。

■体内で熱を作り出す筋肉量が少ない
■夏野菜・果物などを冬に食べるなど、冷えやすい食事を好む
■ダイエットで食事量が減り栄養バランスが悪化
■ファッションで冷えやすい衣服を好むことが多い
■暖房の発達による体温調節機能の低下
■月経などの関係で貧血気味になることが多い

しかし、最後の「月経」のような女性特有のものを除けば、実は男性・女性で冷え性の原因が異なるわけではありません。

運動は最大の冷え対策

ここで、男性にオススメの冷え性対策を紹介します。

冷えを改善するには、体を動かすのが何よりの方法です。運動は、それ自体で血流を改善します。また、継続して行うことで筋肉量が増え、体に血液を送る力が増すため、隅々まで行き届きやすくなります。日頃から階段を使う、自転車に乗る、一駅歩くなどして、冷える時期こそ体を動かすことを意識的に行うと良いでしょう。

40℃前後ぐらいの微温浴でバスタイムをゆっくりと

気を張り過ぎたり、怒ったり、心配したり、テンションが高い状態にあり続けると、自律神経のひとつである「交感神経」が優位になります。交感神経は体を過緊張の状態にし、血行を悪くします。ストレスは、運動不足と双璧というぐらい冷え性の原因となります。

男性は入浴を簡単に済ませがちですが、40℃前後ぐらいの微温浴で、軽く汗をかく程度に、ゆっくりと浸かると良いでしょう。外側から温めるだけでなく、神経の緊張もゆるめてくれるので、ダブルの血行促進となります。入浴剤を使ったり、読書をしたり、バスタイムを楽しんでみてください。リラックス効果と相まって一石二鳥です。

冷え性の男性は「なぜ、こんなに冷えるのか?」という原因を考えて対策をしてみてください。お薬などを安易に服用しても効果は見込めません。原因から考えて「冷えない、ホットな男」を目指しましょう。

(早川 弘太/健康コンサルタント)

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP