ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、Androidを搭載した新型auケータイ「AQUOS K SHF31」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDIは 1 月 19 日、ガラケーでは定番の折りたたみ形状のボディに Android を搭載した新しい au ケータイ 「AQUOS K SHF31」を正式に発表しました。発売時期は2015年2月下旬です。AQUOS K SHF31 は、従来の折りたたみ式のフォームファクターを採用しており、外観はまさにガラケーなのですが、Android を搭載しているので、中身は au スマートフォンに近い内容です。KDDI では au ケータイのカテゴリで展開されます。これまでにも Android ガラケーは複数発売されてきましたが、それらの多くはスマートフォンを主体にしてガラケーの要素を組み合わせたというものが多かった中で、AQUOS K SHF31 ではガラケーに Android を搭載したという従来とは逆の思想で開発された新しい “ガラスマ” あるいは “ガラホ” だと言えます。これが受けるようであれば、今後他社でも Android ガラケーが復活することでしょう。筐体サイズは 113 x 51 x 16.9mm、質量は 128g。バッテリー容量はガラケーでは大容量の 1,410mAh。ディスプレイ部分の内側に 3.4 インチ qHD 解像度の TFT 液晶ディスプレイを、外側にはサブディスプレイを搭載しています。AQUOS K SHF31 で面白いのはテンキー上にタッチセンサー式が仕込まれており、BlackBerry Passport のようにタッチパッドにしてスクロールしたり、ポインタの移動操作を行うことができます。これは「タッチクルーザー EX」と呼ばれています。このほか、Wi-Fi テザリングに対応(最大 10 台)。タブレットとペアリングしてタブレットに AQUOS K SHF31 の着信を転送したり、Wi-Fi テザリングの ON / OFF を切り替えることができる「PASSNOW」機能も搭載しています。リアの 1,310 万画素カメラは「Night Catch」や「リアルタイム HDR 撮影」、「美ズーム」、「フレーミングアドバイザー」といった AQUOS スマートフォンの主要なカメラ機能を搭載しています。なお、1 月 20 日より au SHINJUKU、au NAGOYA、au OSAKA、au FUKUOKA で先行展示が行われます。OS:Android 4.4(KitKat)※Google Playに対応しているのかどうかは不明サイズ:113 x 51 x 16.9mm、質量 128gディスプレイ:3.4 インチ、解像度960 × 540 ピクセル(qHD)、TFT液晶プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 400 MSM8926 1.2GHzクアッドコアプロセッサメモリ:RAM 1GB、内蔵ストレージ 8GB、Micro SD(最大32GB)リアカメラ:1,300万画素フロントカメラ:-対応周波数:通信速度:3G(下り最大9.3Mbps/上り最大5.5Mbps)、LTE(下り最大150Mbps/上り最大25Mbps)通信機能:Wi-Fi b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth v4.0、NFC(FeliCa+TypeA/B)、赤外線(IrDA)外部端子類:センサー類:-バッテリー:1,410mAh待受時間:610時間(3G)、470時間(3GとLTE)通話時間:620分(VoLTE)カラー:レッド、ホワイト、ブラックEメール(~@ezweb.ne.jp):○Cメール(SMS):○auスマートパス:○(AUQOS K専用)Felica:○NFC:○(TypeA/B)ワンセグ:○フルセグ:×赤外線通信:○防水:○(IPX5/X7)防塵:×テザリング:○(Wi-Fiは最大10台)WIN HIGH SPEED:○WiMAX:×4G LTE:○LTE-Advanced(CA):×WiMAX2+:×au VoLTE:×緊急速報メール:○グローバルパスポート:○(GSM/UMTS)Source : KDDI


(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、ジュニア向けLTEスマートフォン「miraie KYL23」を正式発表
KDDI、デザインを刷新した新型INFOBARスマートフォン「INFOBAR A03」を発表
KDDI、VoLTEに対応した4.5インチコンパクトモデル「AQUOS SERIE mini SHV31」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP