体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子どもたちの描いた絵を製品化!土屋鞄製造所がちびっこデザイナー募集

ちびっこデザイナー大募集!土屋鞄製造所は、4月15日までの期間、小学生以下の子どもたちからリフレクター(反射材キーホルダー)のデザインを募集するコンテスト「ちびっこデザイナープロジェクト2015」を実施している。

選ばれた大賞3作品は、「ちびっこリフレクター」として、2015年夏に製品化。土屋鞄製造所のランドセル販売店舗・WEB にて販売する。

土屋鞄製造所は、職人手づくりの丈夫でぬくもりあるランドセルづくりと共に、子どもたちのためのものづくりイベントを開催し、たくさんの子どもたちが絵を描いたり、物をつくったりするところをすぐそばで見てきた。「子どもたちの今しか描けない気持ちのこもった特別な絵をずっと先の未来にも残していきたい」、そんな気持ちから「ちびっこデザイナープロジェクト」は2013年より始まった。

昨年は予想を上回る1500件以上の作品が集まり、その中から大人には描けないのびのびと独創的な4作品を製品化。ランドセルにつける可愛い安全のお守りとして、新1年生を中心に昨年の人気商品となった。

今回、「大好きな“いきもの”」の絵をテーマに、子どもたちの自由な発想で描かれたデザインを募集し、審査員であるイラストレーターの100%ORANGE氏、写真家の伊東俊介氏、土屋鞄製造所創業者の土屋國男氏により決定する。

大賞受賞者には、創業50年記念プロジェクトとして、2015年初夏に建設される緑豊かな森の工房「軽井澤工房」にて開催される、ものづくりワークショップ「職人体験」に親子で招待。ランドセル職人の道具やミシン、材料を使って、子どもデザインのオリジナル革小物を職人と一緒に製作する。

家で飼っているペット、憧れの動物、大好きな花、自分で考えた空想のいきもの…。“大好き!”という気持ちを、ぜひ絵で表現してみて!詳しくは、特設ページ(http://chibikko-designer.tsuchiya-randoseru.jp/?=2015)を見てほしい。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。