ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これぞ新時代のセキュリティ!かかる圧力を細密測定して生体認証するマウス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

コンピューター機器の取り扱いやインターネットへのアクセスには、どうしてもセキュリティの問題が付き物である。これまではパスワードを入力する方法が一般的であったが、セキュリティ向上のために、この頃は指紋認証などの生体認証(バイオメトリック)を活用する手法も多く見かけるようになった。

先日、Glenn Kaufman氏が開発を手がけた特許No.8762734の“生体認証の圧力グリップ”技術が認可された。この技術にインスピレーションを受けて、Raytheonのエンジニアが思いついたのが、バイオメトリック圧力センサーによって、ユーザーを認識するセキュリティマウス。

コンピューターマウス内のいろいろな箇所に圧力センサーを搭載させ、圧力のかかり方を分析し、“ユーザー固有のクセ”を特定する。マウスは、ユーザーのマウスの握り方、圧力の度合いを測定し、神経学的な数値を割り出す。

もし、誰かがそのマウスを使用しようとした場合、登録された数値と同じであればアクセスが許可され、そうでない場合はアクセスが拒否されるといった仕組みだ。このとき、マウスを握る圧力を測定しているだけでなく、マウスのどの位置に圧力がかかっているのかを、xy座標で計測しているという。

このマウスの実験テストの結果、1万回に1度程度の失敗例が見られたというが、信頼に足る精度といえそうだ。

これまでにもバイオメトリックのセキュリティ方法として、顔認証、網膜スキャン、指紋認証などがあるものの、それらに比べても、不正利用のために模倣しにくい技術だという。既成の方法と併用することで、追加のセキュリティとして用いることもできるだろう。

Raytheon

Glenn Kaufman No.8762734

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP