ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Rake&中孝介、映画『KANO~1931海の向こうの甲子園~』主題歌をジャパンプレミアで熱唱

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2014年台湾で空前の大ヒットを記録し、初のアンコール上映が開催されるなど台湾で社会現象を起こした映画『KANO~1931海の向こうの甲子園~』。1月24日から始まる日本での公開を前に、1月15日東京・ヤクルトホールでジャパンプレミアが開催され、豪華ゲストが登壇した。

日本からは、弱小野球部を甲子園に導いた名監督・近藤兵太郎を演じた永瀬正敏、妻を演じた坂井真紀、主題歌を歌うRake、中孝介が登壇。台湾からは、台湾のヒットメーカーウェイ・ダーションプロデューサーやマー・ジーシアン監督、永瀬正敏が「すごい子たちだ」と一目置き可愛がっている“教え子たち” KANOのナインを演じたツァオ・ヨウニン、チェン・ジンホンも駆けつけた。

当日はジャパンプレミアならではの豪華な演出として、“教え子”から“近藤監督”=永瀬正敏への手紙のサプライズプレゼントに続き、主題歌を担当したRakeと中孝介が同映画の主題歌「風になって~勇者的浪漫~」を生歌で披露。曲の終盤では集まったオーディエンスに加え、登壇した永瀬正敏や坂井真紀らキャストも巻き込んでの大合唱となり、大きな盛り上がりを見せた。

同曲は映画の公開に先駆け、1月21日にRakeと中孝介とのコラボ・シングルとして発売される。映画と共に話題を集めそうだ。

リリース情報
Rake feat.中孝介
シングル「風になって~勇者的浪漫~」
2015年1月21日(水)発売

初回盤 ESCL-4351~2 1,667円+税

通常盤 ESCL-4353 1,204円+税

映画情報
『KANO〜1931海の向こうの甲子園~』
2015年1月24日(土)より新宿バルト9他全国公開
出演:永瀬正敏 大沢たかお 坂井真紀 ほか
主題歌:「風になって~勇者的浪漫~」Rake 中孝介 ファン・イーチェン スミン ルオ・メイリン(EPICレコードジャパン)
製作総指揮:ウェイ・ダーション
監督:マー・ジーシアン
脚本:ウェイ・ダーション チェン・チャウェイ
プロデューサー:ウェイ・ダーション ジミー・ファン
音楽:佐藤直紀
制作会社:果子電影有限公司(ARS Film Production)
配給:ショウゲート

関連リンク

Rake オフィシャルサイト:http://www.rake.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP