ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

業田良家氏選出 アメリカの医療・医療保険制度問題告発の書

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『沈みゆく大国  アメリカ』堤未果・著/集英社新書/720円+税

【選者】業田良家 漫画家。SAPIOで「ガラガラポン!日本政治」連載中。著書に『機械仕掛けの愛』(1~2巻、小学館)など。

 堤未果の著作を読んだのは2作目だ。以前に読んだ『ルポ 貧困大国アメリカ』(岩波新書)ではフードスタンプ(貧困者に配られている食料購入券)の受給者が四千数百万人いることを知り驚愕した。

 本書はアメリカの医療と医療保険制度の大問題を告発している。病気をすれば即、自己破産の世界は絶望的だ。例えば、くるぶしを骨折して640万円の医療費! 日本も他人事ではない。2013年に成立した「国家戦略特区法」を突破口にして同じような状況になっていくだろう。

※SAPIO2015年2月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ほんの僅かなグローバル企業が国家を飲み込む姿を紹介した本
1%の富裕層と99%の貧困層 米の格差社会を明らかにした本
米の低レベル高校生、殺人事件が日常の街等をリポートした本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP