ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

昼ワイドへ異動の安藤優子 政界転出の可能性も高いとの指摘

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 15年間『スーパーニュース』(月~金・夕方4時50分~。フジテレビ系)でメインキャスターをつとめた安藤優子(56)が、4月から午後の2時間番組を担当することになった。

 この異動には様々な憶測がとんでいるなかに、安藤がいずれは政治ジャーナリストとして本格復帰することを望んでいるのでは、との見方もある。ある自民党関係者は、ジャーナリストとして政治に関われば、その後は「政界転出」の可能性も高いと指摘する。

「国政選挙や都知事選のたびに出馬が取り沙汰されるように、彼女の知名度は永田町で重宝される。実績から考えても、(元テレ朝アナウンサーの)丸川珠代(参議院議員)あたりより票は集められる。

 舛添要一都知事がそうであったように、介護問題に強いというアピールは老人票、主婦票を獲得する上でもプラス。彼女ほどいいタマ(候補)は他に考えられない。今後も各党からアプローチはあるはずだ」

 60歳という「節目」まであと4年。華麗なる転身を決断するかはわからないが、どんな道にせよキャリアアップのために、この春から負けられない戦いが始まる。

※週刊ポスト2015年1月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
NHKに対する政治支配問題や籾井会長の失言等に警鐘鳴らす本
上杉隆氏 記者クラブと政治家の癒着示す40万枚メモ公開宣言
【ジョーク】ロンドン五輪で断食月に当たった選手たちの一言

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。