ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大正4年創業のおでん屋・大多福 タネは常時35種類以上揃う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 全国各地で様々な味のバリエーションがある「おでん」。ここで紹介する名店は、東京・浅草の大多福(おたふく)だ。

 大阪の店舗から暖簾分けし、大正4年に浅草で創業。鰹と昆布の一番出汁と二番出汁を合わせ、甘みが強い白醤油を加えたつゆは薄味でまろやかなのが特徴で毎日つぎ足される。

 常時35種類以上が揃うタネには、茎わかめや小玉ねぎなど珍しい具材もあり、芋は季節ごとに異なる品種が味わえる。

◆大多福
【住所】東京都台東区千束1-6-2
【営業時間】月~土:17~23時/日祝: 12~14時、16~22時(10~3月)、日祝:17~22時(4~9月)
【定休日】無休(3~10月は月曜休み)

撮影■河野公俊

※週刊ポスト2015年1月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
凶が多いといわれる浅草寺のおみくじ 古来からの割合を厳守
「大人のかき氷」がブームに 苺と自家製餡が氷の中で共演も
88才料理研究家が伝授するだしのとり方 鍋の蓋するのはNG

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP