体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Negicco『Rice & Snow』インタビュー 前編

negicco_0101

活動期間や「旬」と呼ばれる時間の短いアイドル。その中で、デビューから12年目にして、注目度/パフォーマンス/楽曲/ポテンシャル……と、様々な要素で黄金期を迎えるつつある希有なアイドル・グループ:Negicco。Nao☆/Megu/Kaedeの三人で構成される新潟発のこのグループは、地元だけではなくその人気は全国的なモノとし、その自然体なスタイルも含め、大きな注目を集めている。

その彼女達のニュー・アルバム『Rice & Snow』は、古くから彼女達の楽曲の作詞作曲を手がけるconnieのプロダクションを中心に、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、西寺郷太( NONA REEVES)といったヴェテラン勢から、Shiggy Jr.、Orland、スカートといった新進気鋭のアーティストまで幅広く参加し、絢爛なポップ・ミュージックの世界を描き出してる。しかし、そういったネーム・バリューに押されることなく、作品の中心には必ずNegiccoが存在し、可愛らしくも確かな歌声と表現で、軽やかにその世界をさらにカラフルに彩色していく。ポップ・ミュージックに誠実に向き合った、充実の「アイドル・アルバム」だ。

 

——昨年12月リリースのシングル“光のシュプール”は、Negicco史上最高位となるオリコン・ウィークリー5位を記録しましたね。

Megu「前シングルの“サンシャイン日本海”は目標としてた10位以内に入れなくて。そこから、次は必ず10位以内に入る為に『ネバー・ギブ・アップ・ガールズ』っていうモットーを自分達で立てて、それに向けて頑張ったんで、“光のシュプール”でその目標が達成出来たのは本当に嬉しくて。結成から12年目にして、ウィークリー5位に入れるグループになれたのが感慨深いし、続けてきて良かったなって本当に思いますね」

——しかも、アイドル・シーンだけじゃなくて、ポップス・シーンも含めた、より広い層に注目されるようになっていますね。

Nao☆「今までずっと私達を観て下さってる方からも、『Negicco、きてるね』っておっしゃっていただいて。そうやって、かけられる言葉が、『きてるね』とか『良い感じだね』って言葉が増えていて、そういう部分に変化を一番感じたり、自分達でも実感になったりする部分ですね。今まではお世辞でも『イケるんじゃない?』って言ってくれる人もあんまりいなかったんで(笑)」

negicco_0055 negicco_0088

——それによって内面的な部分は変わりましたか?

Nao☆「『見られてる』って意識が強くなったと思います。スタッフからも『もっと見られてるって意識を持って行動して下さい』って指摘されて、改めて、もっとNegiccoとして、どこで、いつ見られてもいいようにしないといけないなって。それはNegiccoというアイドルとしても、そして1人の女の子としても、もっと意識しないとなって」

——なるほど。Negiccoの2015年はアルバム『Rice & Snow』のリリースという大きな動きからスタートしますね。

Megu「ある有名なアルバムからのオマージュでもあるんですけど、『お米と雪』という事で、私達の地元である新潟も一つのテーマになってて」

Nao☆「カフェでみんなでタイトル決めたんだよね」

Kaede「『私達が新潟発だって事を忘れないタイトル……<Rice & Snow>だ!』ってすぐ決まったよね(笑)」

——非常に音楽的にも豊かなアルバムですね。

Nao☆「Negiccoの楽曲を昔から手がけてくれてるconnieさんが作詞作曲としてリードして、それをアレンジャーさんがアレンジするっていう方式が殆どで、それによって新しい形のサウンド展開が出来たなって。前アルバム『Melody Palette』がスゴく評判が良かったし、それを超えるアルバムが出来るのかなってスゴく不安でもあって。でも、嶺脇さん(育夫:タワーレコード社長)も『<Melody Palette>を超えた!……と思う』って言ってくださったし(笑)、自分達でもそう思えるアルバムになったので、周りからの反響が今から楽しみですね」

Megu「自分達でも聴いてて『あ、もう終わっちゃった……』って、あっという間に感じたんですね。それぐらい満足度の高い一枚だと思うし、バラエティに富んだ、格好いい曲から可愛い曲まで、振り幅も広い作品になったと思いますね。

Kaede「今回は、多くの曲がconnieさんが作詞作曲したものを編曲して頂く形なんで、アレンジが入るとこう変わるんだなっていう変化も面白くて」

Nao☆「私が作詞をした“クリームソーダLove”は、connieさんのメロディの段階と、北川勝利(ROUND TABLE)さんのアレンジが加わってからで、かなり雰囲気が変わったんですね。そういった部分で、元のメロディだけじゃ見えなかった部分が、アレンジャーさんの解釈で、曲がこう見えるようになるんだっていうのが分かるようになって。曲の出来上がる工程も見えたのが、すごく勉強になりましたね」

Kaede「それから、上からじゃないんですけど、connieさんも色んな曲が作れるようになったんだな、スゴイなって(笑)。三人とも発声の方法も変わったり、前回よりも整った歌い方が出来るようになったんだなって。今回もそういうレベルアップしたNegiccoを聴いて頂けると思いますね」

negicco_0212 negicco_0236
1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。