ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松山英樹シード辞退の背景に日本ゴルフツアー機構のご都合主義

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 年明け早々のゴルフ界に激震が走った。松山英樹が渡米を前に今季の国内ツアーのメンバー登録を辞退。国内シード権を放棄して、米ツアーに専念すると発表したことに波紋が広がっている。

 JGTO(日本ゴルフツアー機構)の規定では国内のシード選手には年間5試合の出場が義務づけられる。この規定は、昨年3月に突然設定されたもので、違反者には約100万円といわれる制裁金に加えて翌1年間のシード権停止という処分が下されることになった。

 松山はプロ転向2年目の昨季から活動の場を米国に移した。そのため昨季も国内の試合には2試合しか出られず、規定に抵触して制裁金を支払っている。そして今季も「5試合に出られる確証がない」として、選手登録を見送った。

 この規定は当初から「選手の海外挑戦の足かせにするためのもの」と陰口を叩かれていたが、今回そのJGTOのご都合主義に実力ナンバー1の松山が反発するという最悪の形となったのである。

 松山の後見人で東北福祉大学ゴルフ部監督の阿部靖彦氏は、「出られるものなら出たいと思っても、今の時点では出場の日程を組めない。だから、メンバー登録をしなかったということです」とその事情を語る。

 松山は2013年に4勝を挙げて賞金王となり、2018年までのシード権を獲得。米ツアー本格参戦を始めた矢先に国内での出場義務が厳しく強化されたのだから、規定は松山を標的にしたものと見られても仕方ない。

 昨年の松山の米国での活躍は目を見張るものがあった。6月のメモリアルトーナメントで米ツアー初優勝を挙げ、上位ランク選手によるフォールシリーズの最終戦にまで進出。ついに日本人が世界で戦える時代が来たと、ゴルフファンの期待を膨らませた。

 しかしJGTOとは温度差があった。米ツアーが終盤を迎えた同9月に、JGTOの海老沢勝二会長が出場義務試合に関して「スポーツマンならルールに従わないと」と発言。松山に国内ツアーへの出場を促した。JGTO広報はこう語る。

「今回の会員登録辞退は松山選手の強い意思を尊重しました。1人だけ特例を設けることはできません。規定は主催者や選手の意見を基に、理事会に諮り、総会で承認を得たものです」

 JGTOは「規定は国内ツアー振興のため」だとしているが、ベテランゴルフジャーナリストは「ツアーを開催するスポンサーに気を遣ったのだろう」と語る。

「JGTOの主な収入源はツアー開催による収益で、ツアーが多ければ多いほど儲かる。しかしツアー開催には莫大な費用を負担してくれるスポンサーが必要となる。スポンサー企業は当然、トップ選手をできるだけ多く出してほしいと要求する。出場義務規定はその要求に応えるためでしょう」

 しかし目先の利益にとらわれてゴルフの発展を阻害するなら本末転倒だ。すでに日本ゴルフ全体のレベル低下は始まっている。松山が昨年末に参戦した『ダンロップフェニックス』の結果がそれを証明した。

「本来、松山はこの大会も出場するつもりはなかったようですが、ダンロップが松山の契約先という事情で出場した。その大会であっさり優勝してしまったことには本人も戸惑いを隠していませんでした。米ツアーでなかなか結果が残せない石川遼も7月のセガサミーで優勝した。現在の日本の国内ツアーのレベルがうかがい知れます」(前出ベテランゴルフジャーナリスト)

※週刊ポスト2015年1月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
国内ツアー辞退の松山英樹に制裁 後見人が辞退の背景を語る
松山英樹に差をつけられた石川遼 新シード権規定も追い打ち
ゴルフ界 日本人選手の不甲斐なさ目立つも2015年は景気良好

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP