ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホで被害が増えるワンクリック詐欺 遭遇時の対策3つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 突然、ブラウザに「ご入会ありがとうございました」と表示され、続けて「●万円を振り込んでください」と迫られるワンクリック詐欺。今ではスマホでも大きな問題だ。自分には関係がないと思っていても、入り口が巧妙で、画面を誤ってタップし直面することもあるのはスマホならでは。先日、シマンテックが報告した新しい手口は、スマホのブラウザを人質にとり詐欺の画面がポップアップしたまま消去できなくなるものだった。もし、スマホでワンクリ詐欺に遭遇したらどうすればよいのか。

【1】無視する
 ワンクリ詐欺にあってしまうと、画面には「会員IDです」「ご登録を完了しました」「●万円をご精算ください」「24時間以内にご精算がない場合は、督促させていただきます」など、不安をあおる言葉が並ぶ。すべて無視することだ。「誤操作登録の場合は、24時間以内のこちらへご連絡ください」とメールアドレスを入力させたり、電話をかけるように促す指示まで表示されるが、すべて無視するに限る。

 矢継ぎ早に表示されるメッセージは、まるで、こちらの住所や名前などの情報がすべて相手に知られてしまったような錯覚に陥る。しかし、ブラウザでアクセスしただけでは、こちらのIPアドレスや、使用する端末については分かるものの、名前や住所などは分からない。決してこちらから連絡をとらず、無視することが重要だ。こんなものにひっかかる人がいるのだろうか、と冷静な状態のときは誰でも思う。だが、稚拙でも騙される人は必ずいる。

 過去に詐欺や恐喝を繰り返してきた人物は、こんな言い方をする。

「どんなムチャクチャなことでもお願いし続けると、100人のうち3人はいうことを聞いてくれる。その言うことを聞いてくれる人を脅し続けると、100人のうち3人はこちらの言うなりになるんだよ」

 恐ろしいことだが、一度、相手の要望を受け入れてしまうと詐欺師にとって都合が良い方向へすすめやすいそうだ。ワンクリ詐欺でも同様で「無視する」という初動がもっとも重要になる。

【2】ブラウザの履歴とキャッシュを削除する
 表示されているワンクリ詐欺の勧誘を無視できたら、今度はそのブラウザから詐欺ページの痕跡を完全に消去しよう。ブラウザのタブを閉じるだけでなく、履歴とキャッシュを削除するのがおすすめだ。

 iOSはSafariの設定でブラウザのキャッシュを削除。Androidの標準ブラウザやChrome、Firefoxを使用しているのなら、「設定」からアプリを選び、使用しているブラウザを選ぶと「データを削除」「キャッシュを削除」という項目をタップすれば完了だ。ブラウザを人質にとるタイプのワンクリ詐欺の場合でも同様の操作で対策となるが、詐欺の画面が消えない場合はアプリをいったん削除して再インストールする。

【3】セキュリティソフトを導入する
 日本人はスマートフォンへのウイルス感染を他国の人たちよりも怖れているが、アプリが無料で利用できるとなると連絡先情報を提供しがちだ。インストールの際に表示される許認可事項について、便利なアプリを利用したいあまり自動的に「許可」をタップしている人が少なくない。もし、この中に悪意あるアプリが混じっていたらどうなるか。悪質な詐欺への誘導も未然に防いでくれるのが、質が高いセキュリティソフトだ。

 平成25年版の「情報通信白書」によれば、日本人のスマートフォンへのセキュリティソフトの導入は67%だ。だが、導入されているセキュリティソフトの内訳が、無料のものか有料のものかもわからない。アプリマーケットを検索すると、セキュリティアプリが無数にあり、質についても玉石混交だ。せっかくアプリをインストールしても役に立たず、被害に遭うケースも少なくない。

 スマホだとついつい無料を選びがちだが、セキュリティに関しては初期費用を惜しまず、良質なものを選ぶべきだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
リアルタイムで為替レートとニュース表示するスマホアプリ
スマホのクラウドサービス すぐできる個人情報流失対策4つ
お腹が弱いスマートフォンユーザー 「トイレアプリ」を絶賛

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP