ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本の肉料理レシピ この10年間で大幅にアップデートされた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 明治に庶民に肉食文化が解放されて100年、外食から食卓へ、日本の肉食文化はさらに洗練の時期を迎えている。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が語る。

 * * *
 この10年、外食における「肉」の存在感は大きくなる一方だ。2001年のBSE騒動で焼肉店やステーキ店が大打撃を受けたのがウソのように、外食における日本の肉食文化はV字回復した。いや、さらに進化したと言ってもいい。

 かたまり肉と言えばオーブンで数十分加熱したものを薄切りにしたローストビーフしかなかったのが、焼きの技法もカットの様態も多彩になった。あるいは特定の地域でしか味わえなかったメニューが、他地域でも楽しめるようにもなった。

 関西で親しまれていた「ビフカツ」など少し前まで首都圏でもほとんど見なかったメニューが、現在では全国の洋食店へと広がりを見せている。定番のステーキにしても超高級店から立ち食い店までその業態は百花繚乱。外食における「肉の選択肢」は驚くほど増えた。

 そうした肉ブームがようやく家庭の食卓にも届き始めている。象徴的なのは、昨年秋頃から肉に特化したレシピ本が怒涛の発売ラッシュを迎えていることだ。

 ざっと挙げてみても、『日本一の肉レシピ』(プレジデントムックdancyu)、『THE 肉レシピ』(レタスクラブMOOK)、『本気の肉レシピ』平野由希子(ぴあMOOK)などが10月から12月の間に発売されている。

 いずれの本にも共通するのは、牛のステーキのような家庭「でも」調理されていたメニューの見直しだ。焼き加減や手順など正解が曖昧だったものが、外食における肉ブームで大量の知見と考察が蓄積された。

 とりわけかたまり肉については、この10年ほどで膨大な知見が新たに積み上げられた。そこから絞り出されたエッセンスが家庭の肉レシピのアップデートを促した。同時期に刊行された拙著、『大人の肉ドリル』(マガジンハウス)でもレシピに加えて、手順の意味や理由を科学論文などから考察している。

 霜降り黒毛和牛ばかりがもてはやされる時代を越えて、日本の肉食文化は多様性を獲得した。黒毛和牛一神教時代からBSE騒動を経て米国産牛、豪州産牛の味を知った。国産牛へ回帰した後にはいいホルモンの味を知り、霜降りではない赤身肉も脚光を浴びるようになった。

 赤身の味わいが農耕な短角牛や、押しつけがましくない旨味の褐毛和牛など、「和牛」の多様性も認識されるようになった。黒毛和牛×ホルスタインの交雑種のほか、最近では乳牛用だと思われていたホルスタインやブラウンスイス種の肉も手に入る。

 「おふくろの味」は現代の日本においてはもはや幻想だ。鶏のから揚げ、ハンバーグ、餃子など、現代の食卓にのぼる定番メニューは、実は外食由来であり、料理番組やレシピ本を通じて昭和30年代頃から食卓に定着してきたメニューがほとんどだ。ならばいっそのこと、いまから新たに家ごとの「おふくろの味」を構築するのも悪くない。

 明治の文明開化で堂々と肉を食べられるようになってから100年あまり。日本の食卓メニューが確立されてから50年あまり。日本の家庭の肉料理には、それだけの伸びしろが残されている。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
DHC、キッコーマン…こんなにある! 人気レシピサイト
いなばのタイカレー缶を使ったレシピ集 113種の料理を紹介
完全予約制のタニタの社員食堂 いちばん人気はカレー

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。