ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NHK大河『花燃ゆ』 撮影現場で感動呼ぶ井上真央マジック発生

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 井上真央(28才)が主演を務めるNHK大河ドラマ『花燃ゆ』が、1月4日からスタートした。井上は、幕末の志士を支えた吉田松陰の妹・文を演じる。

 第2話では、兄・吉田寅次郎(伊勢谷友介・38才)の脱藩によって、姉・寿(優香・34才)は決まりかけていた縁談が破断になり悲しみに暮れた。また、伊之助(大沢たかお・46才)は萩に残していた母親を亡くして落ち込む。そんなふたりを見た文(井上真央)は、伊之助への思いを押し殺しながらも「寿姉さまをお嫁さんにしてください」と懇願する。

 同作第2話の山場は、伊之助への思いが溢れた文が泣き崩れるシーン。井上の切ない表情が見る者の心を震わせた。

 昨年8月にクランクインした同ドラマ。撮影現場では井上が周囲にちょっとした感動を与えるという“井上マジック”が巻き起こっている。

「井上さんは役柄同様、妹キャラで、決して現場の先頭に立ったり仕切るタイプではないんですが、さらりと人を感動させてしまう。例えば伊勢谷さんがクランクインした日、井上さんは撮休だったんですが、撮影現場に来ちゃったんです。みんながびっくりするなか、彼女は“だって、お兄ちゃんの初日だから”って平然と答えたんですけど、伊勢谷さんはすごく感動していましたね」(番組関係者)

 また、文の兄・梅太郎を演じる原田泰造(44才)とのこんな話も。

「井上さんはスタジオの冷蔵庫に、自分で食べるためのチョコレートを常備しているんですが、原田さんがそうとは知らず食べてしまったことがあったんです。原田さんは他の人からそのことを聞いて申し訳ないと思い、後日井上さんにチョコレートを買って行ったんですよ。でも井上さんは逆に恐縮しちゃって、原田さんにお気に入りのチョコレートをプレゼントしたそうですよ」(芸能関係者)

 井上はこんな性格ゆえ、一度親しくなった友人とは、深いつきあいになる。彼女の代表作のひとつ、ドラマ『花より男子』(TBS系)の共演者である、嵐の松本潤(31才)や小栗旬(32才)とは今もたびたび“花男飲み”をしている。

「ああ見えて井上さんは肉食女子だから、焼き肉やしゃぶしゃぶ、もつ鍋を食べに行くことが多いんですよ。いまだに互いの誕生日を祝い合ったりしていますし、本当に気の合う仲間なんでしょうね」(テレビ局関係者)

 2013年1月に、ハワイ・ラナイ島で行われた小栗と山田優(30才)の挙式には、井上も松潤も出席。この時井上は、山田からのブーケトスをゲットしたという。

※女性セブン2015年1月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
原田芳雄さん 死の数日前「優作が迎えにきた」とうわごと
大河『花燃ゆ』井上真央 山口のタクシーで素人と間違われる
ペット専門の健康保険 診療費の7割または5割負担する仕組み

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP