ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本発の文化築く缶コーヒー 技術と味の進化に珈琲通も唸る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本のコーヒー文化が究極の進化を遂げている――。

もともとコーヒーは古く中東経由でヨーロッパ諸国から伝わったものだが、米国を中心にスターバックスやタリーズなどシアトル系コーヒーチェーンが世界を席巻。コーヒー豆を深煎りしてコクや香りを高めたものが主流になったため、近年、日本でも1杯の値段は少々高くても“味”にこだわりを持つ消費者が増えた。

そして今、コーヒーの品質を追求する新たな潮流が生まれている。

「豆の産地や農園を明示し、それぞれの豆に合った分量や焙煎方法でこれまでにないプレミアムなコーヒーを提供しようという動きです。喫茶店ブームの復活とばかりに『○○珈琲』と名のつく専門店が数多く出店しているのも、より本格志向の消費者ニーズを汲み取ろうとしているからです」(フードコンサルタント)

 コーヒーのプレミアム化の流れは飲食店ばかりではない。日本発のアイデアで、いまや年間3億ケース(1ケース約30本換算)と世界一の生産量を誇る「缶コーヒー」の進化も目覚ましい。

 全国清涼飲料工業会の資料によると、世界初となる缶コーヒー飲料が日本で発売されたのは1969年で、翌年に開かれた大阪万博に登場して話題をさらったという。それまでは瓶入りや紙容器入りの「コーヒー牛乳」が売られていたが、新開発の缶コーヒーはレギュラーコーヒーから抽出したコーヒーに乳分を加えたものだった。

 万博から半世紀以上たった今でも、缶コーヒーはブラックや微糖など種類の豊富さや、自動販売機の普及で季節に合わせてアイス・ホットも選べる身近な存在として、日本独特のコーヒー文化を築いてきた。

「日本を訪れると必ず缶コーヒーを飲んで、お土産にも買って帰る」(米国人男性)と絶賛する外国人も多いが、ここまで日本の缶コーヒーが支持されているのも、技術力に裏打ちされた味の“深化”があったからに他ならない。前出のフードコンサルタントがいう。

「豆に熱湯を注ぐドリップ製法は、すぐに飲むならまだしも缶コーヒーにすると香りが逃げてしまいます。そこで、各社は豆を細かく砕いて濾過したり、蒸気をあててエスプレッソ製法のように香りを抽出したりと、あの手この手の開発競争を繰り広げてきました」

 その結果、缶コーヒーも淹れたてと変わらぬ風味を実現。プレミアムなジャンルの商品が数多く発売されるようになった。

 例えば、サントリー食品インターナショナルの主力商品である「BOSS」は、昨年“ボス史上最高峰のコク”と謡う「プレミアムボス」を発売。わずか2か月あまりで340万ケースを出荷するヒット商品となった。

 プレミアムボスは瞬間凍結して微粉砕した豆をブレンドに加えたり、エスプレッソの使用量を同シリーズの中でもっとも多くしたりするなど、新技術を詰め込んで“コーヒー通”をもうならせる味に仕上げたという。

 また、本場イタリアで飲まれているエスプレッソコーヒーを淹れたての状態で再現しようと、ボトル缶を振って飲む斬新なスタイルで売り出しているのが、ダイドードリンコの「ダイドーブレンド 泡立つデミタスエスプレッソ」だ。

「淹れたときにできるきめ細やかな液面の泡立ちを缶コーヒーで再現させるのには苦労しました。缶の内部の陰圧、最適なヘッドスペースのコントロール、中味の独自製法技術の組み合わせにより、振るたびに空気を抱き込んだ泡が分散され、きめ細やかな泡立ちを実現させることができました」(ダイドー広報担当者)

 同商品を飲んだ消費者からは、「カフェでコーヒーを飲んでいる気分を味わえる」と本格的な味わいに評価も上々だという。

 技術の粋を集めて世界で唯一無二の“缶コーヒー大国”になった日本。コンビニエンスストアのカウンターコーヒーが人気を呼ぶなどコーヒー市場は激戦といえるが、持ち運びの利便性と味を兼ね備えた缶コーヒーは日本の誇るべき文化として、今後も確固たるポジションを築いていくだろう。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
缶コーヒー商品名 金、ゴールドと勝手に言えない事情を解説
第2子妊娠の篠原涼子 胸元が大きく開いた黒スーツ姿で登場
缶コーヒーも高級化路線「濃い味化」でオフィスの需要拡大か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。