ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

やっぱりドデカい!ダイハツ『ウェイク』を 究極の安全対策カーにしてしまおう!の巻

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

前の車(ダイハツ・タント)事故っちゃったから、新車を購入する事にしたよ!どうせ新しく買うのなら・・・

前回、記事でもご報告しましたが、先日、通勤用の愛車のダイハツ・タント電柱にぶつけて、大破させてしまいました。
・・・その後、この車を買いました。

やっぱりドデカい!『ウェイク』だぜ!

前回、タントに取り付けた、Papago GosafeP2 Pro(ドライブレコーダー)ウェイクに載せ替えました。
運転席には、室内側を向いたドライブレコーダー、瞳を検知して、居眠り運転を防止する装置「アイキャッチプリクラッシュアラーム」、そして交通取り締まり情報を確認する為の「レーダー」を取り付けました。
「・・・かなり頭おかしい。」 ありがとうございます。
では早速、実際に乗車してみましょう!

ダイハツ・ウェイクの実際の乗車動画がコレだ!

ダイハツ・ウェイク乗車動画
http://youtu.be/GBbT74l30-Q
「GPS接続~」という音声は「アイキャッチ・プリクラッシュアラーム(居眠り防止装置)」の起動音です。
今回、二度と事故を起こさない様、スマートアシスト機能も付ける事にしました。もう、安全対策てんこ盛り。
スマアシ/衝突回避支援システム
http://www.daihatsu.co.jp/sumaashi/
しかし、まだ何か物足りない。まだ、安全運転対策装置を付ける余地はある筈です。「・・・まだ何か取り付けるの?」・・・はい。
・・・という訳でネットサーフィンをしていると、この様な商品に出会いました。

ドライバーの基本運転動作をモニターして不注意運転を感知、音声と光で警告する『ドライビングモニターDramoniTS-U10』

ドライビングモニターDramoniTS-U10
http://www.trywin.co.jp/item_detail/item_000016.html
車のドライバーは、運転中、ハンドル操作・アクセルの踏み込み、視野確認などの「基本運転動作」を常時行なっていますが、「ながら運転」や「疲労」「眠気」を催した時には、「基本運転動作」が減少します。この商品はドライバーの脊髄の動きから、基本運転動作を電気信号として検出して、「注意運転状態」になると、注意音・警報音でドライバーに注意を促します。という訳で、早速購入しました。
自力では、取り付けられないので、最寄りの自動車工場に取り付けてもらいました。

「・・・とても頭おかしい。」 ありがとうございます。

現在、まだ警告が鳴る状況までの運転状態になってはいないのですが、安全運転対策がより万全になりました。
非常にトンガった趣味の車ですが、今後共、長く乗り続いて行きたいですね!
「今度は車を事故らないでね!」

※ 『ダイハツ・ウェイク』の記事の執筆に当たっては、ダイハツ工業株式会社(DAIHATSU MOTOR CO., LTD.)様に報告を行っております。
※ 『アイキャッチプリクラッシュアラームGPS付きモデル ~GPS付きモデル~』の記事の執筆に当たっては、サンコー株式会社様に報告を行っております。
※ 『ドライビングモニターDramoniTS-U10』の記事の執筆に当たっては、株式会社トライウイン様に報告を行っております。
※Girlsイラスト:http://furu-yan.jimdo.com/
※撮影:FURU

※この記事はガジェ通ウェブライターの「FURU」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP