体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

E-girlsのAmiがアニメ「ちびまる子ちゃん」の声優に初挑戦

エンタメ

1月25日(日)午後6時から放送される『ちびまる子ちゃん アニメ25周年記念~旅は道連れ、苦あれば楽あり美味もありスペシャル』において、同番組の案内役としてE-girlsのAmiが本人役で登場することが決定した。

Amiが声優初挑戦 (okmusic UP's)

同番組では遠路はるばる香川県まで初の家族旅行に出かけるという特別なエピソードをお届けする。今回Amiが登場するのは番組冒頭のコーナー。さくら家と一緒に今回のスペシャルのみどころを本人役「Ami」で紹介する。『ちびまる子ちゃん』の主題歌「おどるポンポコリン」をE-girlsの一員として歌っているAmiだが、声優は今回が初挑戦。収録当日は何度も台本を読みながらセリフを確認し、本番に臨んだ。収録スタジオに足を踏み入れると「こんな広いところでやっているんですね!」と初めてのアニメ収録スタジオの広さに驚いた様子。さらにはまる子役のTARAKOもスタジオに入り、Amiのすぐそばで収録を見守るという状況だっただけに、「TARAKOさんがいらしてビックリしましたし、すごく緊張しました。でも“こんにちは”と挨拶を交わした瞬間に“あー、まるちゃんだぁ!”と思ってテンションが一気に上がりました!」と語り、まる子の存在が声優初挑戦の緊張を和ませてくれたようだ。

収録スタート時は音響監督から、アフレコをする際の台本の持ち方や位置の指示、「気持ちを込めてせりふを言おう!」などいくつかの指示が出たがそれ以降はちょっとしたアドバイスですぐに修正できる順応性を示したAmi。まる子と一緒に言うタイトルコールこそ長いタイトルで苦戦するかのように思えたが、横にいたTARAKOから話すテンポのアドバイスを受け、たった3 回のテイクでOKをもらった。その場にいたスタッフから感嘆の声が上がったほどだ。途中、監督から「“うふ!”をいれてみよう」という指示が出ると、難しいアニメならではのセリフもごく自然に対応し、対応能力の高さも伺わせた。   

音響監督から「直すところがほとんどない!」と太鼓判を押してもらったAmi。「今回はこんな貴重な体験をさせていただいて、私自身もすごく面白かったんですけど、テレビでみるのも楽しみですし、まる子ちゃんのオープニングテーマをE-girlsとしてもやらせていただいている縁もありますので、これからもっともっとちびまる子ちゃんを盛り上げていけるように頑張っていきたいと思っているのでぜひ、ご家族でみてほしいです!」と25周年スペシャルへの意気込みを語ってくれた。 下記はAmi、TARAKO、フジテレビ編成部狩野雄太(フジテレビ編成部)

<コメント>
■Ami(E-girls)
Q)初めてのアフレコですが、感想は?
「初めてで、空気感にまずびっくりしました。こんなところでやってたんだぁって思って。あんな広い部屋にマイクがあってと思わなかった。普段自分が歌のレコーディングするときはもっとこじんまりした部屋でやっているので」

Q)タイトルコールは難しかった?
「E-girlsでもこのコメント言ってくださいとかいうのがあって、揃えるのは得意なほうだと思っていたんですけど、やっぱり、一歩外にでると全然違いますね。初めはまったくそろわなくて大変でした。声優さんならではの抑揚とか普段、自分がやらない感じだったので、貴重な経験をしました」

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会