ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobileの2015年エントリー~ミッドレンジモデルのプロセッサはMediaTek製が中心になるらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先週、ロイターが今期に大幅な赤字となる見通しの Sony のスマートフォン事業について、関係者からの話として、「スマートフォン事業からの撤退も普通にあり得る話だ」と報じたことで、ネット上では Sony Mobile は近い将来に Sony Mobile を売却するのではないかという憶測も飛び交っている中、台湾メディアの DigiTimes がいつもの台湾に拠点を置くサプライチェーンの関係者からの話として報じたところによると、少なくとも 2015 年エントリー~ミッドレンジモデルは当初の計画通り進められるようです。Sony の発表によると、2015 年における Sony Mobile の製品ポートフォリオはハイエンドモデルが中心になる予定で、DigiTimes が報じたところによると、Arima、Foxconn、Compal などの ODM メーカーは、2015 年中にはそれぞれ 1 ~ 3 機種の注文を受ける予定とのことです。同サイトはまた、それらの ODM で開発される 3G / 4G モデルのほとんどには MediaTek 製のプロセッサが採用されるとも伝えており、2015 年に発売されるエントリー~ミッドレンジモデルのプロセッサは Qualcomm 製ではなく MediaTek 製が中心になりそうです。実際に、最近海外で流出した「Xperia E4」は MediaTek プロセッサを搭載しているので事実かもしれません。Source : DigiTimes


(juggly.cn)記事関連リンク
YouTubeの公式Androidアプリがいきなりv10.02.3への大幅バージョンアップ
Nexus 6のバックカバーが浮いてしまう現象が海外で複数報告される
AirDroidがv3.0.3にアップデート、ミラーリング機能「AirMirror」がAndroid 5.0に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP