ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女相撲優勝経験・悦乃海とライバルおでぶ山 3人前鍋ペロリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 鍋料理を毎日食べているといえば、なんといっても力士。

「ちゃんこ鍋というと、豪勢な寄せ鍋と思っている人が多いけれど、相撲部屋で食べるのはもっとシンプルです」

 そう語るのは、女相撲の力士として現役で活躍中の悦乃海さん。女相撲大会で優勝経験があり、今年、岡山県鏡野町の大会で優勝すれば永世横綱の称号を手にするほどの実力の持ち主だ。

 女相撲と聞いても、あまり馴染みがないかもしれないが、北海道の福島町と釧路市、鏡野町の3か所で大きな大会が毎年開催されている。町おこしの要素もあり、お祭などで行われる大会には一般女性も参加可能だ。

“ちゃんこ鍋を食べるのも稽古のうち”という彼女に、ライバルのおでぶ山さん(北海道の2大会で通算7回優勝の大横綱)とともに、ちゃんこ鍋店へ“出稽古”を依頼した。

「ちゃんこ鍋は、栄養のバランスがいいから、適度に食べれば健康にもいいんです。実は私、半年で8kg痩せちゃった」(おでぶ山さん)

「鶏肉ならコラーゲンの美肌効果、豚肉ならビタミンB2の疲労回復効果もある。体づくりにも、ダイエットにもなる万能なちゃんこ鍋。コツを教えてもらったから、早速ウチで復習しなきゃ」(悦乃海さん)

 ちなみに、『ちゃんこ屋鈴木ちゃん』の横綱鍋3人分をペロリと食べた2人なのでした!

※女性セブン2015年1月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
女相撲が伝承された地域を訪ね歴史的な起源に焦点を当てた書
朝青龍 モンゴルの大統領になる宣言をし「白鵬なんか…」
内館牧子「朝青龍と相撲以外で会っていたら気が合ったはず」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。