ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

阪神・淡路大震災から20年 「空白」として存在する震災爪痕

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1995年、1月17日午前5時46分、阪神・淡路を襲った大地震から20年が経った。復興を経て、取り戻されたもの、新しく生まれたもの、そして失われたままのものがある。ジャーナリスト・外岡秀俊氏がリポートする。

 * * *
 震災当夜に見たのは、戦後日本の「繁栄」が崩壊する現場だった。恐竜のような体を横倒しにした高速道路。膝を屈するように前に傾くビル群。見えない巨大な拳によって、一瞬のうちに粉みじんにされた住宅街。車のライトに浮かぶ光景は、一筋の光明もない闇に沈む文明の廃墟のように思えた。

 死者6434人、重傷者約1万人。全壊10万戸、半壊14万戸。ピーク時避難者31万人。戦後初の都市直下型震災について、いくら数字を連ねても衝撃は伝わらない。それは、戦災から50年、不死鳥のようによみがえった戦後日本の一部が、再び灰燼(かいじん)に帰した姿だった。

 その日から1年間神戸に通い、路地を歩き回った。復旧は遅々としていたが、今にして思えば、この国はまだしも若く余力があった。

 震災発生から7か月後には神戸市が避難所を閉鎖。その後も5年目を前に仮設住宅がなくなり、6年目には10市10町、8年目には被害が最も甚大だった神戸市で人口が被災前を上回った。

 いま神戸周辺を歩けば、その復興の目覚ましさに、誰もが驚きの声をあげるだろう。だが被災前の町を知る人々に見えるのは、失われた風景だ。あちこちに、ぽっかり残る空き地や駐車場。立ち去ったまま帰らなかったお年寄りたち。活気のあった下町の立ち飲み酒場や町工場。そうして失われたものは町の外の者の目には映らない。震災の爪痕は「空白」として存在している。

 だが、残ったものもある。

 今年1月5日、バウさんが逝った。名は山田和尚。阪神大震災の直後に神戸入りし、灘区石屋川公園を拠点に数百人の若者ボランティア「神戸元気村」を率いた。

 中心は、全国から馳せ参じたカヌーイスト。アウトドアが日常の若者たちは一夜にしてテント村をつくり、水源を見つけ、1日7000食の炊き出しを始めた。

 ちなみに「バウ」はカヌーの船首。その訃報を伝えてくれたのは当時バウさんの右腕で、カヌーの船尾を指す「スターン」と呼ばれた草島進一さん(現・山形県議)だった。会社を辞め、バウさんとともに神戸に3年間滞在してボランティアを続けた彼はいった。「これまでの人生で、目の前の人がこんなに喜んでくれることがあっただろうか」と。

「ボランティア元年」と呼ばれた震災から20年。少子高齢化が進むこの国で、これからの頼りは民力による支え合いだ。大勢の若者が、バウさんの後ろ姿を追って歩いている。

※週刊ポスト2015年1月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
阪神大震災後の神戸市の経済 2年で震災前の規模上回った
ボランティア数 阪神・淡路は150万人で東日本大震災は4.4万人
阪神大震災 子供引き取り500万円の見舞金狙う例あった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP