ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「エヴァンゲリオン第13号機 疑似シン化第3+形態(推定)」初のプラモデル化!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「エヴァンゲリオン第13号機 疑似シン化第3+形態(推定)」
©カラー

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」終盤に登場した「エヴァンゲリオン第13号機 疑似シン化第3+形態(推定)」が、業界初のプラモデルとなって登場する。

コトブキヤの「エヴァンゲリオン」プラモデルシリーズから登場となる同商品。既存のエヴァンゲリオンシリーズと同様に1/400スケールでの立体化。CAD設計による精密な関節部設計と原型師の手で作り出す洗練されたフォルムの造形が特徴だという。

付属品は、槍2本に、フライングベース、フライングベースに接続する光輪支持パーツの台座、副腕展開パーツ一式、光輪支持パーツ、光輪、収束状態の槍再現用ジョイントパーツ、フライングベース対応用の臀部パーツ。

さまざまなギミックを用意しているのも特徴で、口の展開は可動により差し替え無しで可能。腿前面と膝頭が連動して動き、顔を上に向けると喉部が連動して可動する。また、収束状態の槍をジョイントパーツと2本分の柄を使用し再現でるようになっている。

疑似シン化第3+形態時の瞳、通常時の瞳は塗装にて表現している。全高は約190mmで、価格は8,800円(税抜)。5月発売予定。

顔を上に向けると喉部が連動して可動する
©カラー

1/400スケールでの立体化
©カラー

「エヴァンゲリオン第13号機 疑似シン化第3+形態(推定)」の様々な状態を再現可能
©カラー

CAD設計による精密な関節部設計と原型師の手で作り出す洗練されたフォルムの造形が特徴

付属品には、槍2本や光輪なども

付属品の一覧
©カラー

▼リンク
「エヴァンゲリオン第13号機 疑似シン化第3+形態(推定)」
http://www.kotobukiya.co.jp/product/product-0000001567/

ヱヴァンゲリヲン新劇場版
http://www.evangelion.co.jp/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP