ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

明石家さんまの座右の銘「生きてるだけで丸もうけ」の本当の意味

DATE:
  • ガジェット通信を≫

貧困に窮しているとき、苦境にたたされたとき、あるいは何も楽しいことがないと錯覚してしまうとき……。そんなとき、人はまず先に精神的にまいってしまうものです。ではどんなふうに考えれば、精神的に立ち直れるでしょうか。

「生きてるだけで丸もうけ」というのはあまりにも有名な明石家さんまの座右の銘です。

これはどんな逆境に立たされても生きていればそれだけでいい、「つらい時でも笑ってられる」そんな心持ちを謳った言葉でしょう。

彼の盟友である村上ショージ、Mr.オクレらが収入がなく食べられない時期に「焼肉パーティ」と称し、ご飯だけを炊いて、フライパンの上に「ロース」とか「カルビ」などと書いた段ボールの切れ端を乗せ、楽しそうにそれを取り合ってご飯を食べていたというエピソードが有ります。
さんまはこの話をよく嬉しそうに披露しています。そして「ああ、人生こっちだ」と思うときがあると絶賛しています。

そして「僕はその時々でハングリーさが出る位置に気持ちを置こうとしてますから、その究極が『生きてるだけで丸もうけ』という言葉に繋がると思うんですけどね」と自らの座右の銘である「生きてるだけで丸もうけ」の真意を説明します。この言葉は決して「生きてるだけでマシなんだ」というような消極的なものではないのです。

あえて厳しいところに身を置き、そこで楽しむことを考える。
明石家さんまははっきりと断言しています。
「楽しくなることを考えてることは楽しい」と。

関連記事リンク(外部サイト)

新垣隆と練マザファッカーD.Oのコラボが話題に 「やっぱり才能ある」「性格と人望だな」
世界初アクションP.O.V. 映画『ハードコア』 出資を募るために作られたPVがスゴすぎる
無印良品の商品で約7000点の中で販売総数1位の商品とは?意外な結果に
インテル・マンチーニ監督に今週2度目のボール直撃www 選手達がワザとやっている説も
ガンダムとJXのコラボCM「勤務ではない、任務。社命ではない、使命」が社畜すぎてカッコいい

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP