ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国軍香港駐留部隊トップ 党籍剥奪の軍元No.2不正に荷担か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「重大な党規律違反」ですでに中国共産党の党籍を剥奪された元中国人民解放軍ナンバー2の徐才厚・元中央軍事委員会副主席の事件に絡んで、現役の中国人民解放軍の香港駐留部隊トップがマネーロンダリングに関わり、軍内で事情聴取を受けたことが分かった。駐留軍トップが汚職に関わっていたことがはっきりすれば、香港内で再び対中批判が高まりそうだ。

 米国に拠点を置く中国情報専門の華字ニュースサイト「博訊( ボシュン)」によると、この将校は岳世キン・中将で、2013年7月、徐氏の親戚の21歳の女性がマネーロンダリング容疑で香港警察に逮捕された際、身元を引き受けて釈放させ、大陸内部に帰したというもの。

 この女性は「趙丹娜」と名乗り、香港の複数の銀行に8つの口座を作り、総額で100億香港ドル(約1300億円)を振り込み資金洗浄しようとしたという。これが香港の金融当局の捜査の網にかかり、趙は身柄を拘束されたが、どこからか3000万香港ドル(約4億円)の保釈金が支払われ、釈放された後、行方をくらませたという。

 香港メディアは「保釈金は徐才厚氏と親しい軍関係者が払っており、この金が徐の腐敗事件と関係があるとの見方が急浮上してきた」と報じており、この際、身柄を引き受けたのが岳氏だったというわけだ。

 徐氏の罪状について、新華社電は中央軍事規律検査委の取り調べ内容として「職務を利用して、他の人々の昇進を助けるために、(徐が)直接あるいは家人を通じて賄賂を受け取った。他人の陰謀のために、自身の職権を使い、家人が資金を受け取っていた。これは厳重な党の規律違反であり、収賄という犯罪に当たる。その事情は甚だ不道徳であり、影響は劣悪である」と厳しく糾弾しており、北京の中国筋は「徐の収賄額は新中国成立以来、最大だ」と指摘している。

 香港の外交筋は「香港の駐留部隊トップは軍の出世コースだが、このような事件にかかっていたことが分かれば、失脚どころか、党籍剥奪で監獄行きだけに、岳氏は貧乏くじを引いたといえる。すでに、中央軍事委規律検査委員会が内偵捜査を進めており、摘発はもはやは時間の問題だ」と指摘する。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
香港の民主化運動 習近平氏は流血弾圧さえ辞さない構えか
香港大富豪 民主派学生らに「家に帰るべき」とのメッセージ
香港の女性富豪 資産3000万ドル以上833人で世界一との調査

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。