ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

定額制音楽配信Rdio、インドに進出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by Jay Kogami

定額制音楽配信Rdio、インドに進出。グローバル音楽配信では初、競合よりも一足早く

Skype創業者が設立した、オンデマンドのサブスクリプション型音楽ストリーミングサーヴィス「Rdio」がインドに進出して音楽聴き放題サーヴィスを始めました。ローカルサービス以外のグローバルな音楽ストリーミングがインドに進出するのは、Rdioが初めてになります。

Rdioではインド進出のために43カ国の言語で楽曲3,200万曲以上の膨大なカタログを用意しました。フリーサーヴィスでは、ユーザーの好みのアーティストやアルバムを分析して自動で曲をレコメンドするパーソナライズド・ラジオが、月額2ドル(120ルピー)の有料プランではオンデマンドで全ての楽曲に無制限でアクセスができ、モバイルやデスクトップで音楽を楽しめます。

競合よりも早くインド進出

2010年にSkypeの共同創業者Janus Friisが始めたRdioは現在、世界61カ国で音楽サーヴィスを展開しています。音楽ストリーミングで競争するSpotifyは世界58カ国、Google Play Musicも58カ国でどちらもまだインドには進出していません。

Rdioは2014年3月にインドの音楽ストリーミングサーヴィス「Dhingana」を買収して、コンテンツ拡大とサーヴィスのローカライズに成功したことが、インド進出につながっています。

ユーザーはオンデマンドで曲を探して聴く以外にも、キュレーションされたプレイリストやラジオステーションを選ぶこともできます。

RdioはまたShazamやSoundHound、グーグルのChromecastとも連携して音楽ストリーミングをモバイルやリヴィングルームでも楽しめる幅広いパートナーと協力関係にあります。

さらにボルボやパイオニアの車載エンターテインメント・システムでもRdioを楽しむことができます。

これらのパートナーシップによって音楽ストリーミングサーヴィスは好きな音楽をいつでもどこでも聴けるユビキタスな音楽プレーヤーとして音楽とのインタラクションを高めてくれる体験へとつなげ、これまでメディアやデヴァイス縛りだった音楽の聴き方とは全く違う楽しみ方を提案しています。

■記事元http://jaykogami.com/2015/01/10472.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP