ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

萩本欽一 ジャニーズ勢が持つバラエティの才能見抜き鍛えた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在のテレビ番組に、ジャニーズ事務所所属タレントは欠かせない存在だ。1980年代、ジャニーズ勢は主に歌番組で活躍していたが、1990年代に入るとバラエティ界にも進出。いまや、ジャニーズタレントの出ていない時間帯はなかなか見つからないほど、バラエティ界を席巻している。

 なんといっても、バラエティの扉を開いたのはSMAPだった。テレビ局関係者が話す。

「『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)、『ザ・ベストテン』(TBS系)など歌番組が毎日のようにゴールデン帯で放送されていた1980年代までは、歌手業だけに力を入れておけば、問題なかった。しかし、1989年から1990年にかけて、歌番組が続々と終了に追い込まれた。その直後にデビューしたSMAPは出演したくても、歌番組自体が少なかった。そのような経緯もあり、バラエティに挑戦することで、スターの道をこじ開けていった」

 だが、SMAPが活躍する以前から、ジャニーズ事務所のタレントの才能を見抜き、番組に抜擢していた人物がいる。日本のテレビ界におけるバラエティ番組の礎を築いた萩本欽一である。芸能記者が話す。

「1980年代、歌番組がまだ元気だった頃から、欽ちゃんはジャニーズ勢を自分の番組に出演させていた。『週刊欽曜日』(TBS系)には、田原俊彦のバックで踊っていたジャPAニーズの乃生佳之が出演していた。1986年には、『欽ドン!お友達テレビ』(フジテレビ系)にシブがき隊が出演。これをキッカケに、薬丸裕英はその後も欽ちゃん番組に呼ばれるようになり、バラエティの才能が開花。シブがき隊解隊後も芸能界で生きる術を身につけたのです。

 1988年には、『欽きらリン530!!』(日本テレビ系)をきっかけに、勝俣州和ら5人組のアイドルグループCHA-CHAがデビュー。メンバーには、ジャニーズ所属の木野正人や中村亘利もいた。SMAPの草なぎ剛は直前までCHA-CHAでデビューする予定だった。そのため、萩本の厳しい稽古を受けている」

 萩本がジャニーズを重用するには、明確な理由があった。あるインタビューで、こう語っている。

〈踊りをすると、芸としての「間」をおぼえます。しゃべりで「間」をおぼえても、それは、芸にはならないんです〉

 厳しいダンスレッスンを受けてきたジャニーズ勢は、萩本がもっとも重視する笑いの“間”を身につけているというのだ。実際、萩本自身も修業時代に日本舞踊を習っており、ビートたけしや志村けんもタップダンスを華麗に踊れる。

 SMAPの中では、香取慎吾も萩本の薫陶を受けた一人だ。

「欽ちゃんは、まだバラエティに慣れていない頃から香取を高く評価していました。1994年に、みずからの番組『よ!大将みっけ』(フジテレビ系)のレギュラーに抜擢しています。番組自体は半年で終了してしまいましたが、香取はその後メキメキと力をつけ、バラエティで活躍していった。香取も欽ちゃんを“自分の教科書”というほど尊敬しています」(同前)

 後に萩本と香取は『欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞』(日本テレビ系)で、コンビを組むことになるのだが、そもそも“ジャニーズタレント”である香取は、根本的な面で萩本と相性が良いのだという。

「基本的に下ネタを言えない“アイドル”という立場は、下ネタを嫌う欽ちゃんの言うことを聞きやすい環境にある。いわば、弟子と師匠の“需要と供給”が合致するのです。今の芸人は、ゴールデン帯でも下ネタをバンバン言う。それどころか、下ネタを披露しない芸人自体がほぼ見当たらない。そんな時代に、『下ネタを言うな』という萩本に教えを請おうと考える芸人は生まれにくい。だが、アイドルであるジャニーズタレントには、欽ちゃんの考えがすんなり頭に入ってくる」(同前)

 SMAPの人気は、1996年4月開始の『SMAP×SMAP』(フジ系)で不動のものとなった。実は、ここにも萩本の遺伝子が組み込まれている。

「番組開始時の構成作家である永井準(2006年逝去)は、萩本の作った放送作家集団『パジャマ党』、今も番組に関わっている鶴間政行は『サラダ党』の出身。2人とも、1970年代に欽ちゃんの家に住み込みで鍛えられた作家陣です」(前出・テレビ局関係者)

 1980年代半ば、欽ちゃん番組が急速に力を失っていった理由のひとつに、萩本が過激な笑いに走らなかったからという側面もあるだろう。それでも、萩本はポリシーを変えず、コメディアン生活を続けてきた。自身の番組はほぼなくなったが、その遺伝子は国民的アイドルであるSMAPメンバーらに受け継がれているようだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
萩本欽一「丁寧な番組作りはいかりや長介から学んだもの」
“肖像権に厳しい”久米宏が過去映像の放送許諾した背景分析
萩本欽一 番組が汚れるとの理由で宣伝目的の出演者を嫌がる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。