体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

UQ、下り最速220Mbps「ヤ倍速」ルーターを発表

UQ、下り最速220Mbps「ヤ倍速」ルーターを発表2015年1月15日、UQコミュニケーションズ株式会社は、WiMAX2+の新料金プラン「UQ Flatツープラス ギガ放題」を2月20日から月額4,730円で提供することを発表しました。
新プランは最大220Mbpsでの超高速データ通信ができ、データ利用量の月間上限もなく使い放題での利用が可能となっています。同サービスに対応したモバイルルーターの機種も発表され、通信速度のさらなる高速化を進めていくとのこと。

UQ、下り最速220Mbps「ヤ倍速」ルーターを発表

登壇したUQコミュニケーションズ 代表取締役社長 野坂章雄氏は、「現在、日本のモバイル市場をはじめ、通信環境には3つの課題がある」と触れました。

1)ケータイ系キャリアのデータ通信サービスは、使えば使うほど料金が高くなる
2)格安なMVNOサービスは、速度が早いとデータ通信量に制限があり、反対にデータ量の制限がない場合は速度が遅い
3)固定回線の場合、引越し時に手続きの手間がかかったり、開通までに時間がかかったりする

そのうえで、「こうした問題はユーザーにとってストレスであり、UQはあらゆる手間やストレスからユーザーを『カイホー』するネットライフ大革命『ギガヤバ革命!』を行う」と力強くコメント。

UQ、下り最速220Mbps「ヤ倍速」ルーターを発表

ギガヤバ革命とは、WiMAX史上最速220Mbpsの「ヤ倍速」で、月間上限のない新料金プラン「ギガ放題」を合わせて作られた言葉。最近ではモバイルルータープランの多くに7GB上限がありますが、安定した高速通信をいつでもどこでも楽しめるようになった反面、調子に乗って使いすぎると、月末には「LINEを送るのがやっと」という超低速で通信できないということも起こりがちになっています。

このギガヤバ革命により、そうした心配からは“カイホー”されそうですね。

UQ、下り最速220Mbps「ヤ倍速」ルーターを発表

また、発表会ではUQコミュニケーションズのCMキャラクター・ガチャピンとムックも登場し、会場を盛り上げ、3月よりON AIRを開始する新CMの告知。「カイホー!カイホー!」の呼声がお茶の間に流れるのはちょっと先のようです。

「ヤ倍速」に対応したルーターは2種類!その違いは?
今回発表されたルーターは1月30日に発売するファーウェイ製の「Speed Wi-Fi NEXT W01」と、3月上旬発売予定のNEC製「Speed Wi-Fi NEXT WX01」です。

各ルーターの主なスペックは以下のとおり。

商品名 Speed Wi-Fi NEXT W01
通信方式 WiMAX 2+、au 4G LTE
最大通信速度WiMAX 2+ 下り最大220Mbps/上り最大10Mbps
au 4G LTE 下り最大75Mbps/上り最大25Mbps
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
サイズ 約120x59x10(mm)
重量 約113g
バッテリ容量 2,300mAh
カラーバリエーション MARINE(マリン)、WHITE(ホワイト)
Wi-Fi同時接続台数 10台
連続通信時間(CA非適応時) WiMAX 2+:約480分(約8時間)
au 4G LTE:約440分(約7時間20分)
連続待受時間 デフォルト設定:約730時間
クイックアクセスモード設定時:約36時間

UQ、下り最速220Mbps「ヤ倍速」ルーターを発表

キャリアアグリゲーション(以下CA)に対応したWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W01」は、カラータッチパネルを搭載しスタイリッシュなデザインが印象的な1台。別途LTEオプション料を払うことで、WiMAX 2+のエリアだけでなく、au 4G LTEのエリアも利用することができます。UQがWiMAXで提供するエリアよりも広いエリアが使えるので、全国を飛び回るという人にはオススメのルーターです。

1 2次のページ
デジタル・IT
SIM通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会