ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

簡単設定で映像がリアルタイムにチェックできるWi-Fiビデオカメラ「SpotCam」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自宅のセキュリティ管理に、あるいは留守番中のペットの様子をチェックしたり、赤ちゃんをモニターしたりしたいときに便利なのがウェブカメラ。

このほど登場した「SpotCam」は、設定が非常にシンプルで、しかも映像データがクラウドに1日無料保存されるというものだ。

使うには、カメラをコンセントとWi-Fiにつなぎ、PCでアカウントを作成すれば準備終了。ウェブブラウザだけでなく、専用アプリをダウンロードしたモバイル端末からも映像がチェックできるようになる。

もしセキュリティ用として使うなら、不審な動きや物音をカメラがキャッチしたらユーザーの端末にメールなどで通知が届くように設定することもできる。

映像は1日クラウドに自動保存されるので、例えば留守中のペットの様子の録画を後で確認するという使い方も可能だ。

もし、データの保存期間を長くしたければ、有料サービス(3.99-19.99ドル)が用意されている。

カメラは赤外線LED装備でナイトビューにも対応し、広角レンズ(110度)でとらえる。室内だけでなく、玄関先に設置してセキュリティカメラとして使用したり、あるいは純粋に窓からリアルタイムビューイングしたりと用途はいろいろとありそうだ。

SpotCam

カテゴリー : デジタル・IT タグ :

Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP