ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NBA選手にも影響与えたファレルの“あの帽子”がグラミー博物館へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年1月の【グラミー賞】にて、ファレル・ウィリアムスが被っていたユニークな帽子を覚えていることだろう。ヴィヴィアン・ウエストウッドのデザインによるその帽子がこの度、資料館“グラミー・ミュージアム”に展示されることになった。

 この帽子は2月8日に行なわれる今年のセレモニーの広告映像“Grammy Effect”のテーマとなっており、ナショナル・ハット・デイ(帽子の日)でもある1月15日から3月15日までグラミー・ミュージアムに居を構えるそうだ。

 ちなみにこの帽子は、ファレルが昨年オークションに出した際に44,100ドル(およそ514万円)で購入したレストラン・チェーン、アービーズから貸し出されるものだ。落札時の収益はファレルの慈善団体“From One Hand to Another”へ寄付された。

 ファレルのファッションは音楽業界外にも影響を与えており、昨年8月にはバスケットボールのスター選手であるレブロン・ジェームズが、NBAの試合後にファレル風の背の高い帽子を被っていたことが注目された。

関連記事リンク(外部サイト)

ヴァイオリンと歌で魅了するポップ職人 Kishi Bashiの来日公演が決定
フライング・ロータスが傑作『ユーアー・デッド!』から自身ボーカル曲の新MVを公開
ジャスティン・ビーバー、名匠リック・ルービンと“歴史的作品”制作中か

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP