ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズ 全米シングル・チャートで2週目のNo.1を記録

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズの「アップタウン・ファンク」が、米ビルボード・シングル・チャートにて2週目のNo.1を獲得した。

 昨年末から、間違いなく次のNo.1はこの曲であろうと予想されていた、「アップタウン・ファンク」。今週も各ポイントを伸ばし、断トツの首位をマークした。また、先日ショーでのパフォーマンスが行われ、そのパワープレイがSNSなどでも高く評価されたことから、次週も3週目の首位獲得は間違いないだろうと予想される。

 同じく、生音重視のファンク・ナンバーとしてリリースされた、ブルーノ自身の『アンオーソドックス・ジュークボックス』からの1stシングル「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」が、2年前の年始に6週間の首位をマークしたことからも、この「アップタウン・ファンク」も6週を超える大ヒットを記録することが、期待される。

 また、この曲が先行シングルとしてリリースされた、マーク・ロンソンの4thアルバム『アップタウン・スペシャル』が、1月13日にリリースされたことで、アルバムのプロモーション効果を受け、次週はさらにポイントを伸ばすだろう。

 2位にダウンしたが、アルバム『1989』が今週、通算9週目の首位をマークしたテイラー・スウィフトの「ブランク・スペース」も、かわらず絶好調。昨年9月にリリースされた前シングル「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」も、いまだ9位にランクインするという異例のロングヒットを記録していて、両曲のストリーミングポイントなども、アルバムのセールスに大きく貢献している。

 3位のホージア、4位のエド・シーラン、5位に再浮上したサム・スミスは、グラミー賞のノミネート効果で、シングル、アルバム共にセールスやストリーミング回数を伸ばしている。日本時間2月9日に開催されるグラミー賞授賞式当日まで、そして開催後、パフォーマンスや受賞が確定してからは、さらにポイントを伸ばすだろう。どの曲も、首位獲得の可能性が十分にありえる。

 17位にデビューしたのは、シーアの「エラスティック・ハート」。アルバム『1000フォームズ・オブ・フィアー』からの3rdシングルとしてカットされた新曲で、シングルとしては自己最高位でのデビューとなった。

関連記事リンク(外部サイト)

1月24日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
1月24日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
【ビルボード】オリー・マーズ マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズ、テイラーなどの強豪を下し国内洋楽チャート1に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP