ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、「Google Glass Explorer Edition」の販売を1月19日で終了、事業をGoogle[x]から切り離して新モデルを開発へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Google が開発を進めているメガネ型 AR デバイス「Google Glass」のオープンベータ版(Explorer Edition)の販売を終了し、プロジェクトを現在の Google[x] から切り離して本格的に事業化することを Google+ ページを通じて発表しました。

Google Glass は、メガネに装着して視界にアプリからの様々な情報を表示したり、音声やタッチ操作でアプリを操作できるウェアラブルデバイス。そのオープンベータ版である「Explorer Edition」を用いて開発を進める「Explorer プログラム」が 2013 年 4 月より行われています。

また、プロジェクトの事業化への昇格に伴い、Google は現在 Google Play ストアなどで販売されている Explorer Edition の販売を 1 月 19 日で終了し、今後、新型を開発することを明らかにしました。しかし、Google の発表では、新モデルが商用展開されるのか、それとも新しいプロトタイプなのかや、一般販売のスケジュールなどには言及していませんでした。
Source : Google+


(juggly.cn)記事関連リンク
メールアプリ「CloudMagic」に月額592円 / 年額5,334円のProアカウントが追加、アプリデータの同期やリモートワイプ機能が利用できる
Android版「Parallels Access 2.5」がリリース、独自のファイルブラウザ、Sペンのサポート、音声のバックグラウンド再生機能が追加
Xiaomi Mi Noteのハンズオン動画で新デザインの外装をチェック

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP